7歳~の高齢猫におすすめのキャットフードは?高齢猫のフード選びで大事な3つのポイント

Pexels photo 126407

シニア猫用のキャットフードと聞くと、どんな内容を思いつきますか?「低たんぱく」・「低脂質」・「低カロリー」などでしょうか?ただ、なぜこういった内容が必要なのか本当に理解していますか?

実は最近の研究の中で、シニア猫用キャットフードに見られる「低たんぱく」・「低脂質」・「低カロリー」といった内容は間違いで、むしろ健康な老猫には成猫に比べて高たんぱくなご飯が必要だということが分かってきました。

ここではシニア猫用キャットフードを選ぶときのポイントと7歳~の高齢猫(シニア・老猫)おすすめキャットフードについて詳しくご紹介していきます。

7歳~の高齢猫のキャットフードを選ぶ3つのポイント

80285230 e1415114045961

1.高品質なたんぱく質が豊富に含まれているか?

一般的なシニア用フードは低たんぱくにすることで腎臓の働きを抑え、腎臓の負担(活動量)を減らすという目的で作られています。でも大事なのはたんぱく質の「質」なんです。

たんぱく質には猫に必要なアミノ酸や必須の栄養素が豊富に含まれていて、筋肉の維持や毛並みの維持には欠かせません。高齢になればなるほど食べる量も減っていくので、少量でも充分な栄養素を補う為に「高品質なたんぱく質」が必要になります。理想は「高品質な肉材料が使われていてたんぱく質が30%以上」です。

2.適度に「脂質」が含まれたものを選ぶ

肉食動物である猫にとって「脂質」はもっとも燃焼し易く、エネルギーになり易い食材だということを知っていましたか?その為、脂質が多く含まれたキャットフードは猫が満腹感を得やすくなります。

猫にとって穀物などの「炭水化物」は消化しにくく、糖質はそのまま脂肪として蓄積されていきます。「脂質は15~20%」で年齢に合わせて脂質が少ないものに切り替えてあげれば充分です。

3.添加物が少ないものを選ぶ

添加物と一言で言っても、酸化防止剤・人工香料・着色料など様々な種類があります。発がん性が認められて、ヒト用の加工食品には使われなくなった添加物でも、ペットフードにはまだ使われているものもあります。

また、それ以外でも腎臓や内臓・腸などの消化器官に負担をかけ、消化・吸収能力を低下させると言われています。高齢になるとそれだけで消化・吸収能力は下がってしまいます。少しでも消化器官の活動を活発にし、栄養素を吸収できるようにしてあげましょう。

7歳~の高齢猫におすすめのキャットフードBEST3

1.カナガンキャットフード

スクリーンショット 2017 10 31 11 44 44

高齢猫のキャットフードで一番オススメなのが、プレミアムキャットフードの「カナガン」です。

原料の60%が「チキン」なので、動物性タンパク質が豊富で、肉食の猫の身体づくりにぴったりのキャットフードです。高齢猫は少食になりがちですが、動物性タンパク質が豊富なカナガンなら、少量でも必要なタンパク質を補えます。

市販の安価なキャットフードは、食肉産業で廃棄された粗悪な肉(4Dミート)を使っている場合が多く、抵抗力の低くなった高齢猫に与えるのは心配ですが、カナガンは人間も食べられる高品質なチキンを使っているので、高齢猫にも安心して与えられます

高齢猫で心配なのが、やはり病気。カナガンは、腎不全を予防するタウリン、尿路結石を予防するクランベリーなどのハーブも含まれ、あらゆる角度から愛猫の健康をサポートすることが可能です。

もちろん、猫の健康を害する添加物は一切不使用。だから、安心してあげられます

愛猫に少しでも長く元気でいて欲しいなら、非常にオススメできるキャットフードです。

⇒カナガンのご購入はこちら

2.シンプリー

スクリーンショット 2017 10 31 11 45 04

2016年9月のリニューアルで完全にグレインフリーのキャットフードとして生まれ変わったことで、動物性たんぱく質の量が大幅に増えました。全体の73%は動物性の肉材料を使っています。

穀物・人口添加物を一切使っていないので高齢猫にも安心して食べさせることができます。これまでは少量ではありますが穀物が含まれている為に試せなかった方も安心してあげることができます。

⇒シンプリーのご購入はこちら

3.ジャガー

スクリーンショット 2017 10 31 11 45 47

とにかく高たんぱくで肉食である猫のために作られたキャットフードがジャガーです。食の細い高齢猫でも必要なタンパク質を摂取しやすいです!

カナガンを食べてくれなかった、カナガンで調子が悪くなったという子に試してほしいプレミアムキャットフードです。

⇒ジャガーのご購入はこちら