1~6歳の成猫におすすめのキャットフードは?大事な3つのポイント

Pexels photo 126407

1歳〜6歳の成猫にあげるキャットフード、何をあげればいいかわからず、悩んでいませんか?キャットフードは非常に多くの種類があるので、どれをあげるべきか迷いますよね。

猫の身体は、食べたキャットフードで出来ています。だから、出来るだけ身体に良いキャットフードを選んであげたいですよね。

そこで、愛猫の健康を気づかう飼い主さんのために、1~6歳の成猫用へあげるキャットフードの選び方を解説していきます。

1~6歳の成猫用キャットフードを選ぶ3つのポイント

80285230 e1415114045961

1.動物性タンパク質が豊富に含まれている

猫は肉食動物なので、猫にとって最も重要な栄養素は「タンパク質」です。身体の成長が止まった後でも、毛並みや骨の健康、筋肉の維持のために、タンパク質は欠かせません

だから、成猫にあげるフードも、できるだけタンパク質の多いものを選んであげましょう。フードの原材料欄の左側(左ほど量が多い)に「チキン」「ターキー」などの肉原料が書かれているものを選んでください。

高タンパクのキャットフードは、カロリーも抑えられますし、猫の満足感も満たせるため、過食を防ぎ、健康な体型を維持できます

2.穀物はできるだけ少ないものを。できればゼロに。

肉食の猫にとって、穀物はあまり自然な食べ物ではありません。食べることはできるのですが、穀物は、猫にとって消化が悪く、肉・魚ほどの満足感・満腹感もありません

穀物が多いフードをあげていると、満腹感を感じられずに過食⇒肥満になるリスクや、炭水化物のとりすぎで糖尿病になるリスクもあります。

猫はネズミなどの肉を食べてきた肉食動物。だから、できるだけ肉類が多く、穀物量の少ないフードを選びましょう。

3.添加物には気をつけよう。できれば無添加を

市販の安いペットフードの中には、長期的に与えると発ガンや内臓疾患の恐れがある添加物が含まれているものがあります

これらの添加物は、人間に与えるのは安全面から法律で禁止されているのですが、「ペット用だから」とペット向けでは使用が認可されているのです。

しかし、人間より身体が小さい猫のこと。むしろ、人間以上に添加物には気を配らなければなりません。できるだけ人口添加物の少ない、無添加のフードを選んであげてください。

1~6歳の成猫用おすすめキャットフードBEST3

1.カナガン

スクリーンショット 2017 10 31 11 44 44

成猫のキャットフードで一番オススメなのが、プレミアムキャットフードの「カナガン」です。

原料の60%が「チキン」なので、タンパク質が豊富で、肉食の猫の身体づくりにぴったりのキャットフードです。

市販の安価なキャットフードは、食肉産業で廃棄された粗悪な肉(4Dミート)を使っている場合が多く、長期間与えるのは心配ですが、カナガンは人間も食べられる高品質なチキンを使っているので、安心して与え続けられます

さらに、消化に悪い穀物を使用せず(グレインフリー)、猫の満腹感を自然満たし、過食・肥満を防ぐようになっています。

加えて、腎不全を予防するタウリン、尿路結石を予防するクランベリーなどのハーブも含まれ、あらゆる角度から愛猫の健康をサポートすることが可能です。

もちろん、猫の健康を害する添加物は一切不使用。だから、安心して愛猫に与え続けられます。

愛猫に健やかな生活を送ってほしいなら、カナガンは非常にオススメできるキャットフードです。

⇒カナガンのご購入はこちら

2.シンプリー

スクリーンショット 2017 10 31 11 45 04

2016年9月のリニューアルで完全にグレインフリーのキャットフードとして生まれ変わったことで、動物性たんぱく質の量が大幅に増えました。全体の73%は動物性の肉材料を使っています。

穀物・人口添加物を一切使っていないので安心して食べさせることができます。これまでは少量ではありますが穀物が含まれている為に試せなかった方も安心してあげることができます。

⇒シンプリーのご購入はこちら

3ジャガー

スクリーンショット 2017 10 31 11 45 47

とにかく高たんぱくで肉食である猫のために作られたキャットフードがジャガーです。オリジンよりも安く、カナガンやシンプリーよりは割高ということから3位になりましたが、値段の差は300円程度!

カナガンを食べてくれなかった、カナガンで調子が悪くなったという子に試してほしいプレミアムキャットフードです。

⇒ジャガーの詳細はこちら