0~6カ月の子猫用おすすめキャットフードは?子猫のために大事な3つのポイント

Kitten looking at camera 521981437 57d840213df78c583374be3b

0~6ヶ月間というのは猫にとって「授乳期」「離乳期」が混ざる期間です。基本的に0~2ヶ月の間は母猫が居て、子育てをしているならわざわざ人間が手を出すべきではありません。もし母猫が育児放棄してしまった場合などは栄養価の高いゴート(ヤギ)ミルクなどを人肌に冷ましたものをあげていきます。

生後30~40日くらいで離乳食(キャットフードをお湯やささみ肉のゆで汁などでふやかしたもの)を食べられるようになります。ここでは0~6ヶ月の子猫用ににおすすめなキャットフードとそのポイントについて詳しくご紹介していきます。

子猫用キャットフードを選ぶ3つのポイント

Why is my cat a picky eater

1.動物性たんぱく質が豊富に含まれている

市販のキャットフードの中には「仔猫用」も売られれていますが、わざわざ「仔猫用」を買わなくても栄養価(たんぱく質・脂質・カロリー)が高めのフードであれば「成猫用」でも問題ありません。子猫のうちは一度に沢山食べられないので出来るだけ栄養価が高いものを選んであげましょう。

この時期はその子の体を作る大切な時期であると同時に、まだ消化能力も低い為、原材料の欄に動物性たんぱく質(肉や魚)が一番左にきている(沢山使われている)ものを選んであげましょう。

2.穀物が出来るだけ少ないものを選ぶ

猫は穀物を食べられない訳ではありませんが、肉食の猫にとっては「必要とせず消化を苦手とする」為、出来れば食べなくても良い食材です。使われている量の目安についてはキャットフードの「原材料」に左から多く使われている順番に書かれています。

なので左から3番目以内に穀物が含まれているとすると穀物が沢山使われているフードと思って貰って良いです。

3.選ぶならやっぱり安心・安全の「無添加」

添加物の中には、危険性が認められているにも関わらず「ペットフード」という理由で基準が緩くなっているものがあります。

人間よりも体が小さい猫、その子達が食べるキャットフードに、人間の150倍もの基準が設定されている添加物もあります。消化器官への影響や涙やけ・毛ヅヤなど、その影響は様々で遺伝子レベルでの危険性を騒がれているものもあります。添加物は出来るだけ天然由来の成分を使ったものを選んであげましょう。

おすすめの子猫用キャットフードBEST3

1位…カナガンキャットフード

スクリーンショット 2017 10 31 11 44 44

子猫向けのキャットフードで一番オススメなのが「カナガン」です。栄養価の高い全年齢対象のフードで、子猫が消化しにくい穀物を一切使わず、良質なタンパク質でつくられています

タンパク質も猫の身体にあった動物性タンパク質(チキン)を使い、栄養たっぷり。

市販のキャットフードは、食肉産業の過程で廃棄された粗悪な肉(4Dミート)を使っている場合が多いですが、カナガンは人間用の品質の良いチキンを原料に生成されているため、安心して子猫に与えられます

もちろん、添加物も不使用。身体づくりに一番大切な時期なので、安心して与えられるカナガンを子猫ちゃんにあげて、すくすく育ててください。

⇒カナガンのご購入はこちら

2位…シンプリー

スクリーンショット 2017 10 31 11 45 04

2016年9月のリニューアルで完全にグレインフリーのキャットフードとして生まれ変わったことで、動物性たんぱく質の量が大幅に増えました。

全体の73%は動物性の肉材料を使っています。穀物・人口添加物を一切使っていないので子猫にも安心して食べさせることができます。これまでは少量ではありますが穀物が含まれている為に試せなかった方も安心してあげることができます。

⇒シンプリーの詳細はこちら

3位…ジャガー

スクリーンショット 2017 10 31 11 45 47

ジャガーはカナガンよりも高たんぱくで肉材料も80%以上使用しています。消化能力が低い子猫でも安心してあげられるプレミアムフードですが、カナガン・シンプリーよりも若干割高の為3位となりました。

骨や体を作る大切な時期にはカナガンやジャガーなどの高たんぱく・高品質(肉材料比率が多い)のキャットフードを食べさせてあげましょう。

⇒ジャガーの詳細はこちら