大好評レビュー企画!Symply(シンプリー)キャットフード10日間お試しモニター

以前からネット検索で 気になっていたキャットフード。「20年一緒に」「食いつき100%」のPR文句に魅力を感じていたからです。原材料50%以上がサーモンとのこと、我が家の猫たちはちゃんと食べてくれるでしょうか?ということで今回お試しのチャンスが巡ってきました。従来のフードから徐々に切り替えていく様子をモニターしてみます。

モニター猫紹介

●「ウナギ」

foryou

foryou

オス猫推定4歳、体重6.1㎏、埼玉県出身。野良猫のお母さんと一緒に保護された子猫でした。性格ハンター。ネズミのおもちゃに目がありません。兄弟の「みたらし」と、とても仲良くいつも一緒に寝たり、お互いを舐めあったり。最近は、さすがに暑さのせいで、別々に行動することも多くなりました。男の子としてのプライドが高いのか、甘え下手。ツンデレタイプでまたたびが大好き。人間だったら、きっとお酒好きなおっさんだったのではないでしょうか。

●「みたらし」

foryou

foryou

「みたらし」オス猫、「ウナギ」と兄弟。同じく4歳で体重は5.8㎏。2匹とも体重少々過多。ダイエットが必要なようです。食べることが大好き。甘え上手で、オスということを忘れてしまうかわいい声を出します。食べ物ではいつも「みたらし」が優先。心優しい「ウナギ」に譲ってもらっています。俊敏ではなく、走り回るたびに壁にぶつかっています。ネズミのおもちゃよりも、ヒモに興味をしめします。どちらも1歳前に去勢手術済み。

Symply(シンプリー)のパッケージをチェック

かわいい外装

foryou

foryou

段ボールに梱包されてきたSymply(シンプリー)。開けてみると、ピンクサーモンに白地のSymplyの文字が目に入るパッケージが。シャムのようなスリムな猫のシルエットがオシャレなイメージです。

包装素材は、油紙に近いようなシッカリした紙を使用。完璧密封ではないですが、袋の空気は、ほぼ抜かれフードの酸化を防ぐ梱包になっています。開封したときの新鮮な香りが、袋の中にしっかりキープされていると期待できます。

フードの特徴

foryou

foryou

代表的な特徴の1つは、猫に大切な動物性たんぱく質の主原料に、サーモン50%以上を使用。味の種類は1つであること。食いつき100%を謳っている理由はここにあるのでしょうか?猫って鮭が好きなんですね。

次に、配合されているオメガ6が、皮膚と毛並みの健康維持に良いということ。また、換毛期には特に気になる毛玉対策。腸内環境の改善をサポートする植物繊維とオート麦が含まれています。「ウナギ」は、時々おう吐して毛玉を出しますが、「みたらし」は一度も口から毛玉を排出しません。毛玉ケアフードが必要かなと気になっていたところで、これは飼い主にとってはうれしい情報です。

「尿路系トラブル」という文字が目に飛び込んできました。かつて「みたらし」は膀胱炎の病歴が。クランベリーが含有されていて、成分であるキナ酸が泌尿科系のトラブルの原因になるPh値を酸性に安定させる働きがあるとか。現在の尿路下部コントロール用のフードからの切り替えで、一番気にしていたところなので、安心して給餌できます。

そのほか、目や心臓の健康維持に良いとされるアミノ酸の一種タウリンや、免疫力をサポートするビタミン各種が含まれているのがこのフードの特徴。

Symply(シンプリー)の成分表

foryou

foryou

パッケージの裏には成分表が。大きく「自然由来で最高品質の素材のみ厳選」の文字の下に、表記されている原料は、乾燥サーモンが29%と一番多く含まれています。次は、サーモン24%。合計で53%、確かに「サーモン50%以上」の謳い文句のとおりです。

3番目に米が表記、24%以上の配合。サーモンと米で総量の77%大半を占めています。穀物含有の有無についていろいろ取り沙汰されていますが、穀物も食物繊維としてある程度摂取する必要があるという考えも。また小麦やトウモロコシに比べると、消化機能に負担がない上、アルゲンのリスクは少ないそうです。

開封時の香りの反応

foryou

foryou

パッケージを早速開封。開け口にジッパーはないので、そのままハサミでカット。早速猫が寄ってきました。開封と同時に香ばしいいい香りが。どのキャットフードにもいえることですが、この瞬間が最高の香りを放っているのでしょう。必ず寄ってきます。

好奇心が旺盛で、特に袋には興味を示さない猫のほうが少ないのでは?「ウナギ」も「みたらし」も典型的な猫なのでしょう。ハサミでヒゲを切らないように気を付けなくてはいけないほど、ぐいぐい近づいてきました。確かに人間の私でも食欲をそそる香ばしい魚の匂いがします。

給餌の仕方を説明

foryou

foryou

裏には、給餌量の目安が表示。体重別に1日の量が決まります。我が家の猫は5㎏以上ありますが、現状1日約40g。この表からするとかなり少ない餌の量になります。気温が高くなっているせいもあるのか、食欲が落ちているのかも。

ドライフードだけでは、食べてくれないので、時々ウェットフードを少量混ぜています。とはいえ、2匹とも十分栄養が行き届いているようで、どちらかというとぽっちゃりタイプ。量が少ないのになぜでしょう?運動不足かな?

開始初日(7月4日)

●Symply4g

foryou

foryou

いよいよ、餌の切り替え開始初日です。現状は、朝晩2回ずつ給餌。一匹に20g、合計40gが一回分に与える餌の総量です。前述したように、我が家の猫は少々ぽっちゃり。給与表示の目安よりかなり少な目ですが、従来の通りの給与量に決定。

Symply(シンプリー)には、具体的な数値として餌の切り替えの割合が表示されていないので、これまでの経験を活かして初回は10%を与えます。つまり40gの10%で、Symply(シンプリー)は4g。計量しようとすると寄ってきて食べようとするので、計器が揺れなかなか4gを表示しませんでした。

●従来のフード36g

foryou

foryou

こちらは、従来のフード(ピュリナワン)です。一回分の総量40gx90%で36gを軽量。いつもの見慣れた餌に猫たちは無反応。

●Symply(シンプリー)プラス従来のフード合わせて40g

foryou

foryou

初めに近づいたのは、食いしん坊の「みたらし」。開封したては、猫の嗜好をくすぐるおいしそうな香りが漂っています。

●あとから「ウナギ」も

foryou

foryou

珍しく「ウナギ」も食べ始めました。食いつきは、なかなか順調なスタート。

●初日の残量

foryou

foryou

夕方、ボウルに残っていた餌の残量を計量すると7g。まずまずの食べっぷり。といっても、まだSymply(シンプリー)は、わずか4gしか入れていません。晩も同じ割合で合計40gを給餌。明日の朝までに、どれだけ食べるか楽しみです。

参考までにこの日の外気温:最高35℃最低27℃でした。

2日目(7月5日)

今朝の残量は数粒程度。ほぼ完食でしたので、写真は撮らず、計量もしませんでした。気になる今朝の便のチェックは、問題なく快便。一安心です。

●Symply(シンプリー)8g

foryou

foryou

開始2日目は、Symply(シンプリー)を20%に増やします。よく食べているし、便の調子も問題ないからです。40gx20%で8gを追加。

●従来のフード32g

f

foryou

従来の餌は、40gx80%ということで、32gを計量。「ウナギ」がデリケートなお腹の持ち主なので、慎重に少しずつ割合を変えていきます。

●2:8の割合はこのような感じ

foryou

foryou

まだまだ、Symply(シンプリー)は少しですが、新鮮な香りは漂ってきます。

●2匹そろって食事に

foryou

foryou

●夕方計量で11gの残量

foryou

foryou

夕方の餌の残量は、少々多め。計量すると11gです。残っているのにニャーニャーと餌の要求が始まりました。香りがなくなるといくら残っていても、食いつきが悪くなります。

捨てるわけにもいかず、残りの餌も混ぜることにします。同じく今朝と同じ割合で晩も40g給餌。早速近づいてきましたが、少し食べてまたどこかへ。食いつきは普通。ちょっと甘えかしすぎたかな?ウェットフードを時々併用しているのが原因かもしれません。ドライフードだけでは、食べ残しが多いときは、少し缶詰を混ぜています。

この日の外気温:最高36℃最低26℃でした。

3日目7月6日

●残量ゼロで完食

foryou

foryou

今朝はボウルになにも残っていません。完食です。昨日より明け方若干気温が涼しかったせいでしょうか?それとも単に、「猫のムラ食い」という特徴からでしょうか?

●Symply(シンプリー)12g

foryou

foryou

本日は、40gの30%の割合になります。早速12gを計量。

●従来のフード28g

foryou

foryou

従来のフードは、40gx70%ということで、28gです。

foryou

foryou

2匹仲良く食べ始めました。一回に食べる量は少なくいので食事時間も2~3分で終了。後は、ちびちび気が向いたら食べにきます。犬のように一度にすべて平らげるということがありません。

なかには、キャットフードの説明書に、一度に食べきる量を与えると書いてあるものがありますが、我が家の猫の食べ方では、非常に難しい注文です。今回も、便チェックは問題なしです。

この日の外気温:最高33℃26℃です。

●食後の「みたらし」の満足げな顔

foryou

foryou

5分後の「みたらし」はお気に入りのイスに。まだ、この時点では餌がボウルにたくさん残っていますが、満足げな顔で、のんびりまどろんでいます。

4日目(7月7日)

●今朝の餌の残りは、ほぼ完食

foryou

foryou

中盤に入りました。今朝の残量は、2g。よく食べてくれました。明日は半々の量に。Symply(シンプリー)がだいぶ増えてきます。このまま順調に進むことを祈るばかりです。

●今朝の「みたらし」朝食を待つ

foryou

foryou

そろそろ用意してくれるの?という感じでみつめられました。食後のまどろみの表情に比べると、若干「早くして」と催促の感情が入っているようです。

●Symply(シンプリー)40×40%で16g

foryou

foryou

Symply(シンプリー)16g。計量中に1粒従来のフードが混じってしまいましたが、そこはご愛敬で。ご了承ください。あまり厳密には気を使っていません。

●従来のフードは40gx60%で24g

foryou

foryou

24gを計量。だいぶ割合が近づいてきました。

●合計40g

foryou

foryou

混ぜ合わせると、このような感じです。ほぼ同量に見えますが、8g従来の餌が多いです。

●2匹で食事が開始

foryou

foryou

2匹で食べています。最近そろって食べることが多くなりました。これは良い傾向。新しいフードも気に入っているということですよね。今朝の便チェック済み、問題なし。便の色がSymply(シンプリー)の影響か、濃くなってきました。

夕方見ると、ちょびちょび食べていたのか、少量残っているだけでした。明日の朝までに食べる分として、今朝と同様に給餌。

この日の外気温:最高35℃最低26℃です。

5日目(7月8日)

●今朝の残りのフード
foryou
順調な食べっぷりを続けています。昨夜から今朝にかけて、数十粒を残しただけです。
●計量すると4g

foryou

foryou

念のために図ってみました。わずか4g。少々ぽっちゃり気味といえど、給餌の量は少な目なので、しっかり与えた分は食べてほしいものです。

●今回の割合は半々で20gSymply(シンプリー

foryou

foryou

餌の切り替えを開始して、今日で5日目。割合が1:1でそれぞれ20gづつに分配。ここからSymply(シンプリー)の割合が増えていきます。今のところ便には異常なし。

●従来のフードも20g

foryou

foryou

ピュリナワン20g。慣れ親しんでいるので、時々飽きるときもありますが、比較的よく食べてくれるフードです。

●合計で40g

foryou

foryou

半々を混ぜ合わせました。Symply(シンプリー)が多くなりました。

●朝食準備完了

foryou

foryou

2つのボウルに分けます。お約束の「みたらし」が早速食べにきました。

●「みたらし」は早速食事

foryou

foryou

上から撮った「みたらし」。太っていますか?見慣れてしまうと、それほど感じなくなるのですが、体重を測ると6㎏近く。やはり少々ダイエットが必要かと。

夕食も同様に給餌。朝の餌は若干多めに残っていましたが、追加して40gにしました。残量を図ると9gです。半々にしたSymply(シンプリー)に若干抵抗があるのでしょうか?

参考までにこの日の外気温:最高30℃最低25℃

6日目(7月9日)

●今朝の残量5g

foryou

foryou

よく食べています。便も問題ありませんでした。日中は暑いので食欲も減るのかもしれません。夜から朝方にかけて食欲があるようです。

●Symply(シンプリー)40gx60%で24g

foryou

foryou

今日から、Symply(シンプリー)が多めになります。気になるのは便の調子ですが順調です。

●従来のフード40gx40%で16g

foryou

foryou

徐々に量を減らして、今日は16g。Symply(シンプリー)より量が少なくなりました。

foryou

foryou

混ぜるとこんな感じ。若干違いがありますが、ほぼ同量に見えます。猫もチェックに。

foryou

foryou

準備完了なのに、2匹とも食べに来ません。「みたらし」は、いつものお気に入りのイスに座ったまま。「食事ができたよ」と近くまで持っていきましたが、今はいらないそうです。気が向いたら食べるでしょう。そろそろ倦怠期に入ったかな?

ぼーちゃん
この日の外気温:最高27℃最低22℃

7日目(7月10日)

●今朝の餌の残りをチェック

foryou

foryou

今朝チェックしたら、昨夜からの残りの餌は、ご覧のとおり。よく食べています。でも実は昨日の夕方、残りの餌が多くて軽量したら15g。あまり食べていませんでした。

そこで夕食には残りの餌+新しく追加で40gにしたのですが、ちょっとトッピングで猫用の削り節を与えました。その結果がこれ。よく食べています。切り替えには、時々裏の手も使って、食べてもらうことにします。

●Symply(シンプリー)40gx70%で28g

foryou

foryou

だいぶ割合が多くなりました。いくら密封していても、開封初めのころのような強い香りはしなくなりました。でも鼻を近づけると相変わらずおいしそうな干した魚のような匂いが。

猫は嗅覚が鋭いから、これでも十分嗜好を刺激するのでしょう。バランスの取れた、良心的な成分が含まれているこのフード、食べてくれると安心、嬉しくなります。

●従来のフード40gx30%で12g

foryou

foryou

だいぶ少なくなり12g。粒の大きさが、両方同じくらいなので猫にとっては違和感なく食べられるようです。

●合計40g合わせて

foryou

foryou

40g合わせてみると、Symply(シンプリー)が多くなってきました。餌の準備を完了しましたが、すぐには寄ってきません。どのフードの切り替えでも同じことが言えますが、初めのころの食いつき加減が、だんだんなくなってきます。我が家の猫だけでしょうか?慣れてくると興味がなくなるのでしょうか?

この日の外気温:最高32℃最低25℃です。

8日目(7月11日)

●今朝の残り

foryou

foryou

昨日の夕方の給餌でも、餌がだいぶ残っていました。それに追加して40g。今朝見ると、1/4くらい残っています。

●残りの餌を軽量11g

foryou

foryou

11gです。ちょっとドライフードだけでは、食が細くなってきたようです。便には全く問題なく、健康状態は良好。暑いのでぐーたらしていますが、冷房は28度にセット。常時換気扇を回しています。

●Symply(シンプリー)40gx80%で32g

foryou

foryou

ほぼSymply(シンプリー)になりました。32gを計量。

●従来のフード40gx20%で8g

foryou

foryou

ピュリナワンは40gの20%で8g。餌の切り替えも終盤を迎えました。食いつきが悪くなった以外は、問題なし。我が家の猫は元気です。

●合わせて40g

foryou

foryou

半々に見えますが、Symply(シンプリー)の入ったボウルの上に、従来の餌を載せたので、表面だけがピュリナワンです。

●2匹そろってお食事中

foryou

foryou

あれ?今日は、2匹が食事に寄ってきました。よく食べています。

●実は裏技が

foryou

foryou

ツナ缶をスプーン1杯追加して、よく混ぜました。今日の「ウナギ」と「みたらし」が、食事に興味を示した秘密はこれです。しっかり完食。夕方の食事は、ドライフードだけです。夜中から朝方にかけて食べるので、ウェットは入れません。

参考までにこの日の外気温:最高34℃最低26℃です。

9日目(7月12日)

●残っている餌19g

foryou

foryou

残りの餌が19gと結構多く残っていました。捨てるわけにはいかないので、この餌も使います。毎朝の便のチェック、現状問題ありません。多く食べ残してはいるものの、日中はしっかり完食したので、体調を崩して食欲減退ということではなさそうです。

●Symply(シンプリー)40gx90%で36g

foryou

foryou

ほぼSymply(シンプリー)になりました。90%ということで36g。今朝の残りも、種類別に分けて、追加。

●従来のフード40gx10%で4g

foryou

foryou

こちらは、4g、ほぼ切り替え終了の状態です。

●偵察にきた「みたらし」

foryou

foryou

従来の餌4gをつまみ食い。19gも残したのに新しい餌を追加すると食べ始めました。香りと食欲は深く関連しているのですね。

●ほぼSymply(シンプリー)

foryou

foryou

2つのボウルに分けた餌は、ほぼSymply(シンプリー)です。

●2匹で仲良く食事

foryou

foryou

2匹で仲良く食べ始めました。よく食べます。なぜでしょう。

食べっぷりが良いのには理由が

foryou

foryou

今度は、またたびの粉を少々ふりかけています。追加した昨夜の食べ残しは、量が多いので香りがあまりしません。しっかり食べてもらいたいので、またたびを少々。効果は抜群です。

気温が高く湿気の多い夏場は、食欲も減退するのか、ドライフードだけではあまり食べませんでした。朝の食事には、いろいろトッピングの工夫もしますが、夕方はドライフードのみで対応。

この日の外気温:最高31℃最低26℃です。

10日目(7月13日切り替え最終日)

●今朝の残りをチェック1g

foryou

foryou

今朝の残っていた餌は、数粒。測ってみると1gでした。ほぼ完食です。夕方はドライフードしかあげていないのに、よく食べています。こういうときは飼い主としても嬉しい気分になりますね。

Symply(シンプリー)100%。待っている「ウナギ」

foryou

foryou

いよいよ本日は、切り替え終了日、Symply(シンプリー)のみで40gを与えます。珍しく「ウナギ」が食事の準備を待っています。猫たちの食欲を毎日チェックすると、食べ残したときと、よく食べるときの関連性が見えません。食べないときは、ウェットフードや、またたび、塩分の少ない削り節をほんの少々風味づけに混ぜると、がぜん食べてくれます。

今回は、夕方チェックすると、残量は7gでした。完食ではありませんが、よく食べたほうです。体調も至って健康。このまま新しいフードを続けて与えることができそうです。

参考までにこの日の外気温:最高30℃26℃です。

まとめ

餌の切り替えは、猫の体調と嗜好性の2つが、主なチェックポイントに。便の調子も、全く問題ありませんでした。体重のほうは、現状維持、10日間では目立った変化は見られません。ただ、便の匂いの軽減は感じます。涼しくなると、2匹で走り回り健康面でも良好。

嗜好性については、途中で「ドライフードだけじゃ飽きた」と、ハンガースライキを起こすこともありましたが、ウェットフードなどを併用。食べないときは、トッピングなどで風味を付ける工夫をすればいいでしょう。

今回は、餌の温度に気を付けました。切り替え初期は、冷蔵庫に保管。常温に戻してから与えます。フードが冷えていると、お腹を壊すことも。レンジで10秒程度温めると、香りもたち食いつきが良くなりました。

中盤からは、冷暗所に移動。冷蔵庫内の結露が発生する場合もあるからです。そうなる前に、保管場所を変えました。特に「ウナギ」のお腹がデリケートなので用心を。

総合的に見て、Symply(シンプリー)は、品質や安全性、そして我が家の猫の適合性からすると、かなり優秀なフードといえます。時々食欲が落ちることもありましたが、Symply(シンプリー)が原因ではなく、ドライフードをだけを食べ続けると飽きてしまう我が家の猫の習性が原因です。工夫をすることで食べてくれるので、良しとしましょう。

foryou

foryou