徹底分析!ロイヤルカナンキャットフードの評判と成分や添加物から、猫にとってどんなフードか知りたい

ロイヤルカナンは、犬や猫を飼っている人には、なじみのあるメーカーではないでしょうか?多くのペットショップや獣医師がすすめているそうです。プロに人気のロイヤルカナンの秘密はなにか?気になる評判や成分または添加物についてみてみましょう。大切な愛猫のフード選びの参考にしていただければと思います。

ロイヤルカナンについて

引用元:http://goo.gl/6FT3V1

原産国はフランス、猫の年齢や体調に合わせたラインナップが豊富です。ロイヤルカナンは、猫の品種やサイズ、成長段階によって違う特徴を持っていると考え、必要な栄養バランスもそれぞれ配慮して作られているそうです。

公式サイトでは400gでおよそ900円。大手通販では、安くて2㎏を2500円前後で流通している商品もあります。他のメーカーに比べると価格は高めになっています。

評判

療法食 pHコントロール0 ドライ 猫用

引用元:https://goo.gl/TbrmWo

1歳半のメス猫が病院で尿管結石と診断され、こちらの商品をオススメされました。
食事は全てこちらに切り替えて与えること1ヶ月、再度病院で診察してもらったところ
すっかり良くなっていました。
ただ猫の体質で、結石ができやすいようで予防のために今後もこれを食べ続ける必要があります。
通常のものと比べるとかなりお高いのですが、病気が予防できるのであれば安いと思います。
いろいろ種類があるので、ちゃんと獣医師に診察してもらってから、症状にあうものを選んでもらってください。(https://goo.gl/Sarbxs)

下部尿路に病気のある猫用に特別調整された食事療法フードです。

猫用 消化器サポート ドライ 【食事療法食】

引用元:http://item.rakuten.co.jp/nickswan/rccd005-2/#rccd005-2

長毛種のオスが血便で病院から勧められ1歳の時からこちらで購入させてもらっています。
味も美味しいみたいで小粒で食べやすいようです、
消化器サポートを食べていると血便が出ないので常備食にしています。
これからもお世話になります。(引用元:http://goo.gl/UNUMt1)

ぼーちゃん
とても消化の良い原材料を使って、少ない餌の量で必要なカロリーや栄養が摂れるように配合されているんだって。

療法食 猫 PHコントロール2フィッシュテイスト ドライ 

引用元:http://goo.gl/bhgJbN

スーパーで売ってる安い餌をあげてましたが、1年に2回も尿路結石になってしまいました。
愛猫の治療の為、有休を取り検査・治療をお願いし先生に言われるままに、この餌を購入した所、2万くらいかかり卒倒しそうになりました。
しかしこの餌に変えてから尿路結石にもならず健康に過ごしてます。 しかも病院で買うより2千円安い!!

味もかなり違うようで安い餌をあげても食べなくなりました。
これからも、愛猫と仲良く暮らすために選び続けたいと思います。(引用元:https://goo.gl/58b6No)

ぼーちゃん
マグネシウムやミネラル成分が調整されたタイプです。

● 猫用 室内で生活する7歳以上の中高齢猫用インドア

引用元:https://goo.gl/r1kq4n

7歳以上の猫が二匹いますので使っています。今までは他のメーカーのよく知られるものですが食べなかったり、吐いたりするので・・ロイヤルカナンは今の所、一匹はたまに吐いたりします。でも大丈夫なような感じです。新しい猫の草も常備してますので交互に食べたりしてます。(引用元:http://goo.gl/pZdNRH)

7歳ごろから、少しずつ老化が始まります。このフードは、脂肪酸と抗酸化成分をバランス良く配合されていて、健康維持と本来の猫の活力をサポートしてくれるそうです。

●ヘアポールケア

引用元:https://goo.gl/skS3Hn

毛は出たかな。多分 糞に混じっていました。特に食べ始めた頃。しかし、吐くのは相変わらずです。それとこれとは別なのかな…(引用元:https://goo.gl/X1acaz)

残念ながら、うちの猫には合わず軟便でした。猫草をあげていないので必要かなと思っていたらあげていない方もかなりいらっしゃるようで。同社のロイヤルカナンのメインクーンをあげているので、繊維質は足りているかなと。(引用元:https://goo.gl/HKywHD)

ぼーちゃん
水に溶けるものと溶けない性質のものなど、複数の食物繊維を配合し、これまでのおよそ2倍の毛玉が排出されるように考えられたフードです。

成分

タイプで違う原材料

引用元:http://sabichibi.seesaa.net/article/94723331.html

(参考商品:健康な尿を維持したい成猫用・ユリナリー ケア)

肉類(鶏、七面鳥)、とうもろこし、植物性分離タンパク*、米、小麦、動物性脂肪、植物性繊維、コーングルテン、加水分解動物性タンパク、とうもろこし粉、ビートパルプ、酵母、大豆油、魚油、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン)、ミネラル類(Cl、Ca、Na、K、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

*超高消化性タンパク(消化率90%以上) 主原料はすべて天然由来原料を使用しており、着色料を使用していない為、粒の色調等にばらつきがある場合がございますが、品質に問題はありませんので、安心してご利用ください。(引用元:https://goo.gl/4nQORq)

(参考商品:インドア成猫用)

とうもろこし、家禽*ミート、米、植物性分離タンパク**、小麦、動物性脂肪、加水分解動物性タンパク、植物性繊維、ビートパルプ、大豆油、フラクトオリゴ糖、酵母、魚油、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Ca、K、Cl、Zn、P、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B1、B6、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)

*鶏、七面鳥
**超高消化性タンパク(消化率90%以上)
主原料はすべて天然由来原料を使用しており、着色料を使用していない為、粒の色調等にばらつきがある場合がございますが、品質に問題はありませんので、安心してご利用ください。

(引用元:http://www.royalcanin.co.jp/product_cats/fhn/INDOOR+27/)

●第一原料の比較

引用元:http://goo.gl/Ebl3pH

ロイヤルカナンは、年齢ステージ別に猫の健康状態に応じたキャットフードがそろっています。その種類の多さには驚かされます。ここで挙げた2例の原材料を比較すると、「ユリナリー ケア」の原材料は、鶏、七面鳥の肉類が初めに表記、肉食が主体の猫にとっては好ましい配分です。「インドア」は、トウモロコシがメイン、次に表示されている肉類は、家禽ミートとされています。但し書きに、家禽ミートに使われている肉(鶏・七面鳥)を明記しています。家禽ミートとしか表示されていないフードも多い中、良心的なブランドです。

家禽ミートのなかでも内臓は、人間がレバーなどを食べるように栄養の宝庫なので問題はありません。しかし、人間が食べない爪、羽、歯、角や、中には糞が完全に除去されていない臓器を使い細菌の増殖を抑えるための薬品を使用する場合もあるとか。消費者にとっては、そのあたりの確認が難しいので、家禽ミートには、低品質な肉が使われているというイメージがあります。

ぼーちゃん
原材料のトップには、鶏肉などの肉を明記しているものが安心ですね。

穀物の質や有無

引用元:http://goo.gl/jU2IIy

トウモロコシが比較的多い割合で含まれていますが、猫にとっては吸収消化がしやすいとはいえない穀物です。また小麦は、アレルギーの原因になる恐れもあるといわれています。

ロイヤルカナンの公式サイトでは、穀類の有無に関して下記のような見解を示しています。

穀物類は、炭水化物源として使用しております。穀物の種類により、消化吸収のスピードや血糖値の上昇率が違うため、それぞれの穀物の特徴を製品に合わせて使い分けたり組み合わせて使用しています。また、穀物類は肉類にはない栄養素を補うためにとても大切です。(引用元:http://goo.gl/gYekIX)

メーカーによって、穀物の有無に関しては賛否両論です。

●動物性油脂

使われている動物の種類などが分からず、不透明な表記です。一般的に動物性油脂は酸化も早くなりますので、酸化防止剤などの添加物を必要とします。

●ビートパルプを使用

引用元:http://goo.gl/cOQ7cG

砂糖大根から砂糖を取ったあとの搾りカスをいいます。栄養価はゼロに等しいですが、砂糖を搾り取るときに使われる薬品が、便意を抑え腸に長く留まり固く小さい便になる上、匂いも軽減される効果があるそうです。

ただ、甘みも残っているので、猫の体内でインシュリンが出て、すい臓や腎臓に負担をかける恐れがあるのではないかと懸念の声も。

添加物

着色料・保存料

着色料は使われていません。粒の色にばらつきがあるかもということですが、猫は微妙な色彩を認識しませんので関係ないことですね。気になるのは、酸化防止剤としてBHAや没色子酸プロピルが使われていることです。人間の食品にも使われていますが、発がん性物質で危険だという声も多くあります。

ロイヤルカナンの公式サイトでは、食品添加物の1日に摂取できる許容範囲内の量であれば、一生食べ続けても健康には影響を及ぼさないと説明があります。添加物に関する使用基準も長期的な実験資料はないので、安全性に関しても賛否両論です。

まとめと評価

foryou

foryou

ロイヤルカナンは、猫の年齢、飼育環境、個性、特別なケアを必要とする場合など、多種多様なライフステージに合わせてキャットフードをラインアップ。その種類の多さには、他のキャットフードの製品と比べてもトップの部類に入るのではないでしょうか?食いつきや健康維持のために使いたいという高評価の口コミが多くありました。

「原材料についてよくある質問応答」も公式サイトで掲載、良心的で信頼できるメーカーというイメージを与えてくれます。価格によって原材料が違うので、同じロイヤルカナンのフードでも「高額なもの」イコール「高品質」であるということは否めません。

肉類や穀物の質や使用の有無、気になる添加物について、多少の疑問が残りますが、この点についても、さまざまな意見があり、飼い主にとっては判断の基準に迷うところではあります。