疑問解決!ネコに生肉を与えてもいいの?生肉をあげるメリットと注意点

カリカリばかりだとネコも飽きてくるので、「生肉でもあげてみようかな」と思うことがありますよね。

もともと、ネコは肉食の動物ですから生肉は問題ないはず。でも、肉によっては寄生虫がいるものもあるので「本当にあげても平気なのかな?」と不安になりますよね。

そこで、この記事では「ネコに生肉をあげても平気なのか?」「あげるときの注意点は?など、飼い主さんが知っておくべきポイントを徹底的に解説します。

生肉をあたえてもOK

肉食が本来の姿

引用元:https://ferrebeekeeper.wordpress.com/tag/speed/

そもそも猫は、肉食です。ネコは野生で生肉を食べていました。小さい動物は捕獲後丸ごと食べ、自分の体より大きな動物は、消化器官や毛、太い骨、羽だけは残しますが残りは食べます。小鳥やネズミなどの生肉には、猫の健康維持に大切な必須アミノ酸やビタミンAを多く含んでいます。

須崎動物病院の須崎先生も「ネコに生肉を与えても大丈夫。そもそもネコは肉食で生肉を食べてきたから」と回答しています。(出典

ただし、市販されている肉は生食を前提としていないものも多いので、できればペット用の生肉を与えたいところです。

ペット用の生肉も

ペット用の生肉には、寄生虫のリスクが少なく、抗限度(菌への耐性)が高い鹿肉・馬肉が使用されています。さらに、寄生虫のリスクを減らすために、冷凍で殺菌処理がしてあるので、より安心です。

ペット用の生肉は少し高価ですが、寄生虫などの心配がなく、安心してあげられます。

肉を与えるメリットとは?

引用元:http://pets.webmd.com/ss/slideshow-people-foods-cats-can-eat

ネコは元々、肉食で、生肉を食べてきました。つまり、生肉の方がネコ本来の食事ともいえます。だから、生肉を与えると、以下のようなメリットがあります。

  • ドライフードに比べると、消化が良い。
  • 水分が十分に含まれているので、食べるだけで水分補給ができる。(ネコはあまり水を飲まないので、尿路の病気になりやすいです)
  • 食い付きがよく、喜んで食べる
  • ネコにとって必要な栄養素が豊富
  • 人工の添加物を含んでいないので安全なフードである
  • 慢性腎不全などのリスクが減少
  • 歯ごたえのある肉を噛むことで歯や顎の健康に維持につながる
  • 一部のキャットフードのように穀物を含まないので、消化不良などの恐れがなくなる
  • 食べる量が、少なめでも栄養が摂れる
  • 内臓肉に含まれる酵素が、歯垢を分解、口内の菌の増加を防止する働きがある
  • ドライフードの栄養分の一部が消化されず残ったまま便として出ると臭いが強く出るが、肉の場合は消化がいいので解消される

このように生肉を与えると、様々なメリットがあります。

肉を与えるときの注意点

寄生虫には注意

引用元:https://welq.jp/9638

鶏や豚の生肉には、トキソプラズマ(寄生虫)がいる可能性があります。その肉を生で食べるとネコが感染します。免疫力の低下している猫がトキソプラズマを発症する場合があるので、生肉の取り扱いには、注意しましょう。

豚肉は寄生虫がいる確率が他の肉よりも高いので避けたいところです。

トキソプラズマに感染すると、発熱、咳、呼吸困難、食欲不振、嘔吐、下痢・血便などの便の異常、運動障害、黄疸などの症状が出て、最悪の場合、死に至ります

特に、抵抗力のない幼猫にはリスクが高いので、生肉を与えるのは避けましょう。

ぼーちゃん
トキソプラズマに感染したネコの便が、なんらかの原因で、人間の口内に入ると人も感染します。

猫用の生肉の見つけ方

引用元:http://www.we-original.com/shopdetail/031000000001/

「鶏肉や豚肉がだめなら、何を与えればいいの?」と疑問に思うかもしれません。

ネット通販を使えば、猫に与えてもOKな生肉が見つかります。たとえば、こちらの、冷凍馬肉。厚生労働省が定めた、寄生虫を殺す冷凍処理が施されているため、安心して猫に与えることができます。キャットフードでは補なえない栄養分が含まれています。

また、楽天にも冷凍の鹿肉が販売されています。ネットで「猫用生肉商品」と検索すれば、色々見つかりますよ。

心配なら加熱調理をして与えよう

鶏肉や豚肉の寄生虫が心配なら、加熱調理をして与えるのも手です。加熱調理をすれば、寄生虫は死ぬので心配がありません。「加熱調理をするとミネラルやビタミンが失われる」という方もいます。確かに一部は失われますが、全てがなくなるわけではありません。(加熱調理した肉を食べている人間がミネラルがとれないということがないように)

嗜好性は多少下がりますが、加熱調理をしたとしても、猫にとっては消化しやすく、余分なカロリーがなく、添加物の少ない食材に変わりはありません。寄生虫が心配なら加熱をして与えると良いでしょう。

実際に生肉を与えている人の声

実際に生肉を与えてた飼い主さんの声

引用元:http://bengalcat.blog4.fc2.com/blog-entry-688.html

うちの猫はスーパーで売ってる普通の鶏の手羽元(8-10本で350円ぐらい)の身を切り刻んだ生肉を食べさせています。
ゆでエビと塩分少なめのかつお節をまぜて与えるとぺろりと平らげますね。胸肉やもも肉はあまり食べなかったので今は手羽元だけです。豚肉、牛肉の生肉は細菌感染することがあるので与えたことはありません。

以前はペットフードのかりかりを食べさせていたのですが、一度病気になってしまい懲りました。新鮮な鶏の生肉に代えてから驚くほど元気になりました。お腹のでぶでぶも今では引き締まってすっきりです。口内炎もあったのでビオフェルミンとナチュラルヨーグルト+魚のすり身も与えてましたが、今では歯茎の出血も口元の臭いもありません。(一部省略)引用元:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6801236.html

家の猫には生肉もあたえています。
猫の体に絶対に必要な必須アミノ酸やビタミンAを摂取するのに肉食はとても良い栄養源です。ショーキャットや腎不全の子などは市販のキャットフードなどは絶対に食べさせることはできませんので、手づくり食として生肉をあたえる飼い主の方は結構いますよ。
ただし、スーパーなどで売っている肉は鮮度が悪いのであたえられません、ペットの食事用として販売されている鮮度の良い鹿肉、馬肉や鶏肉、ラム肉や牛肉を野菜を少々混ぜてあたえます。(一部省略)引用元:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413778794

生肉は猫が本来食べていた食材のため、健康管理や食欲増進には非常に適しています。ただ、ペット用の生肉をかうと、コストがかかってしまうのも事実。まずは、食欲が悪いときのスペシャルフードとして使ってみると良いでしょう。