銀のスプーンの猫缶の評判と成分、添加物は大丈夫なのか?

お店で見かけるキャットフードの中でもかなり有名な部類に入る「銀のスプーン」ですが、実際の評判や猫への安全性はどうなっているのでしょうか。
キャットフード銀のスプーンの口コミと、原材料の質などをみてみましょう。キャットフード選びの参考にしてくださいね。

銀のスプーン製品の特徴

銀のスプーンは、ペットフードを数多く手がけるユニチャームが販売しているキャットフードです。ウェットフード、ドライフードのどちらも、良く知られており、多くの飼い主さんが愛猫のために利用しています。ラインナップは大きく分けて「年齢別」「腎臓ケア」「毛玉ケア」の三つ。お魚系の味が豊富に品揃えされています。原産国は日本です。

実際の使用者の評判

●銀のスプーン お魚づくし 1.6kg

引用元:https://goo.gl/rYxg7L

低価格品の中では、粒が小さめで着色も自然に近いのではないかと選んでいます。 うちの猫は一番すきかも。 ロイカナなどのプレミアムフードは嗜好性に劣るらしく、好んでくれません。

これまで近所のホームセンターで様々なキャットフードの銘柄を試してきましたが、うちのネコは「銀のスプーン」がお気に召したようです。毛並みはつやつやで健康そのものです。
とりあえずこれを与えていますが、安価なフードが健康に悪影響をもたらすという意見も気になるので、理想のフード探しは果てしなく続きそうです。

ぼーちゃん
多くの飼い主さんが、よく食べてくれるという理由で買い求めていました。
●銀のスプーン 毛玉ケア お魚づくし 1.5kg

https://goo.gl/beW0ux

食べるようになってからまえより毛玉を吐くようになったと思います

普段小食ですが、こちらのフードはたくさん食べてくれます。安くて言うことなしです

我が家の猫は2匹とも喜んで食べてくれます。香りが強いからかな?と思っています。
ただ、着色料のせいか、以前のフードよりうんちの色がすごいです。
フード自体はそんなえぐい色じゃないんですけどね。ちょっと怖いので、今ある分が無くなったら別のフードにする予定です。

http://goo.gl/psW2GQ

我が家の猫は14歳。まだまだ健康だけれど、心配なのは腎臓。他のメーカーのサポート食は殆ど食べてくれず・・・
ところがこちらのは食いつきが良く、しっかり食べてくれます。(引用元:http://goo.gl/zWMcuV)

ぼーちゃん
なかには、初めだけ良く食べて途中で、食いつきが悪くなったというコメントもありました。

●銀のスプーン 健康に育つ子ねこ用 お魚づくしミルク入り 1kg

https://goo.gl/UxzCkh

子猫用として購入しました。とにかくばんばん食べます。価格も手ごろでした。(引用元:https://goo.gl/KluDAj)

●銀のスプーン 海のグルメ 全猫用まぐろ・かつお・ささみ・野菜に天然小魚・かにかま添え 1.3Kg

https://goo.gl/1Bnarb

多頭飼いの我が家。銀のスプーンはこれしか食べません。他のドライフードを与えても残してしまうので試しにホームセンターで購入したら、喜んで食べてくれました。ホームセンターでは売っていない量ですので助かります。(引用元:https://goo.gl/5WtfNc)

●銀のスプーン ドライ 贅沢うまみ仕立て お魚・お肉・野菜入り 1.6kg(小分けパック3袋入

引用元:http://goo.gl/phz75m

10か月10か月になり、そろそろ大人用のカリカリに移行しようと探していた中で、レビューでの食いつきがよさそうなこちらを購入してみました。なるほどーよく食べます。
今までは、カルカンの子猫用のカリカリでした。大きな粒ばっかり拾って食べて、小さい粒は食べないなどわがままになってきていましたが、銀のスプーンは全部食べます。
よかった~(引用元:http://goo.gl/UbDzlM)

一部の口コミしか取り上げることはできませんが、相対的には大手メーカーのブランドで価格も手ごろ、猫の食いつきも良いという理由で購入する飼い主さんが多く見受けられました。ただ、中には着色料や香りに対して気になる声もありました。実際の原材料の品質はどうなのでしょうか?

銀のスプーンの成分を見てみよう

※参考商品:銀のスプーン お魚づくし 1.6kg

穀類(トウモロコシ、コーングルテンミール、等)、魚介類(フィッシュミール、フィッシュエキス、鰹節、マグロミール、カツオミール、煮干、白身魚ミール、乾燥シラス、等)、動物性油脂、肉類(チキンミール、ビーフミール、等)、酵母エキス、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、亜鉛)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)、着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号)(引用元:https://goo.gl/XOsuJD)

主原料が穀物を使用

引用元:http://tabetainjya.com/archives/worldnews/post_2093/

銀のスプーンのキャットフードは、いろいろな味の種類がありますが、原料の多くに、トウモロコシやグルテンなどの穀物が使用されています。特にトウモロコシは、猫にとっては、低品質な穀物の部類にはいります。本来肉食動物である猫の消化器官に、穀物は向いていません。そのため下痢や便秘などの胃腸障害やアレルギーを引き起こす原因になる場合も。

さらに炭水化物が多く含まれるため、糖尿病を患うリスクもあるので懸念すべきところです。猫は高タンパクな食事が必要です。穀物の割合が多いフードを取り続けると必要なタンパク質を十分に摂取できない恐れがあります。

特に虚弱なアレルギー体質の猫には気を付けてあげてくださいね。

タンパク質の種類

引用元:http://www.camanchaca.jp/products/

次に猫の必須五大栄養素のなかでも、要なタンパク質についてみてみましょう。成分表には、魚介類としてフィッシュミールが冒頭に記載されています。これは、通常動物性タンパク質として使われている魚介類のなかで、一番多く含まれていることを指します。後にくるマグロやカツオのミールに比べると、フィッシュと書かれ曖昧な上にミールという表記が気になります。

ミールやエキスは、魚のどの部分が含まれているかわかりません。人間が口にできない粗悪なものが含まれていてもミールという言葉1つで表記されるのです。低品質のタンパク質である場合も考えられます。

ぼーちゃん
機会があれば、店頭でいろいろな商品の成分表を見比べてください。良質なものは、きちんと「サーモン」や「まぐろ」と明記されています

動物性油脂の品質が気になる

動物性油脂は、酸化が早いので保存料を使われるケースもあります。ですが、たとえ含まれていても、その保存料を表記する義務がありません。単に動物性油脂とあるだけでは、どのような種類のものかわかりません。少なくとも「植物性油脂」、出来れば「ひまわり油」や「グレープシードオイル」などと表記してほしいものです。

添加物の有無

引用元:http://blogs.nhs.uk/choices-blog/

酸化剤と合成着色料が添加物として含まれています。ミックストコフェロールは植物油脂から抽出され、ビタミンEを指します。ハーブエキスも天然由来なので、酸化防止剤については気に留めることはないと思います。

やはり、ここで注目したいのは合成着色料です。このフードには、赤色三種類、黄色2種類が使用されています。実際人間の食品にも着色料は多く使われているので、猫に関してだけ目くじらをたてるのはどうかという意見あります。

ですが、人間にとっても、猫にとっても、100%安全な添加物であるという実証はありません。むしろ長期的に摂取することで発ガン性物質を作りだしたり、体調不良など体に悪影響を及ぼすリスクがあると懸念の声も多くあります。

特に猫は体が小さく、少量の毒性に対しても抗体性が弱い動物です。そもそも赤色を識別できない猫にとって、きれいな色に着色してもおいしそうと感じさせる効果はありません。飼い主さんへのアピールとして添加されています。それだけの理由で大量の着色料が使われるのは、大きな疑問が残ります。

まとめ(総合評価)

現在銀のスプーンのキャットフードは、価格や猫の嗜好性からすると、多くの飼い主さんから満足されているようです。ただし、原材料の穀物や魚系のミールが多く使用されているので、食品としての品質に関しては残念な気持ちが残ります。

比較的低価格なフードの提供は、猫の飼い主にとっては嬉しいことですが、できれば、必要でない着色料の使用を控え、その分原材料の品質向上にコストを使って頂ければと願います。ただ、消費者である私たちが合成着色料に関する認識を高める必要が。着色されたフードの需要がある限り、使用停止に向かうことは難しいのかもしれませんね。