FINEPET’Sのキャットフードの悪評が許せない!私がおすすめする徹底レビュー

FINEPET’Sのキャットフードを試すチャンスが。初回申し込みに限りお試し版ということで。

配達方法に驚き

中身はキャットフードなのに?

foryou

foryou

まず、受け取って驚いたのが、キャットフードを配達してきたとは思えない取り扱い。パッケージには、ご覧の通り、取り扱い注意やガラス・ビン・セトモノ表示のシール、下積み厳禁、おまけに冷蔵タイプというシールが目にとまりました。注意書きには「なるべく早く冷蔵庫にお入れください」と。

今回注文したのは、キャットフードのドライタイプです。「なんで?ウェットタイプの間違い」というのが正直な感想。我が家の猫も早速チェックです。

キャットフードのパッケージ

foryou

foryou

想像していたパッケージとは違い、がちがちに密封されたキャットフード。この会社は、2013年に社名をエヴリワンズに変更し、ペットフード販売から製造会社へと事業を展開したとのこと。空気による酸化を防ぎ、出来立てのおいしいキャットフードを届けたいという気持ちが伝わってきます。

foryou

foryou

キャットフードと同封されていた書類。このキャットフードに込めた思いを綴ったサンキューレターや、FINEPET’Sのキャットフードについての質問&回答集の冊子に、次回からの注文受付用紙など。今回はお試し版1kgなんと500円の安さで購入!通常は2469円です。

いざ開封!

フードの香り

foryou

foryou

開封すると、独特な香りが漂ってきました。例えていうなら、新巻鮭を嗅いだようなといったらいいでしょうか?今まで試したキャットフードとは違うドライな香りではありません。

かわいい形

for you

for you

形はクローバーかテトラポットのよう。ドライフードなのに、表面が心なしかしっとり感があるように思います。猫も鼻をくんくんさせて近づいてきました。

一粒の大きさ

foryou

foryou

大きさは、約1cm。今まで与えていた餌に比べると若干大きめなのが心配。果たして食べてくれるでしょうか?まず、FINEPET’Sのキャットフードの成分の特色などについて見てみましょう。

キャットフードの切り替え

キャットフードの種類を切り替える場合、一度に新しいフードを与えると、猫が消化不良を起こす場合があります。FINEPET’Sでも、餌の切り替え方のインストラクションがあります。

初日は、従来のフードを、全体の90%、FINEPET’Sは10%。翌日は、80%と20%というように、毎日10%ずつ従来から新ししいフードの量を切り替えていきます。万が一、猫のお腹がゆるんできたら、ゆるむ前の割合に戻して様子を見て大丈夫だったら、再度その割合から10%ずつ進めていきます。

量は通常のキャットフードの半分?

フードの消化吸収率が、87%以上と非常に効率よく、ビタミンやミネラルなどの栄養が得られるとのこと。量は半分になっても必要な栄養素はしっかり吸収されるそうです。

原材料

foryou

foryou

鶏肉と鮭肉で70%以上

人間も食べられるオーストラリア産の鶏肉と全粒米、全粒大麦が主な原料。魚肉は、オーストラリア産の鮭肉を100%使用。鶏肉と鮭肉で肉類の主原料は、7割以上、猫に必要な動物性たんぱく質が豊富に含まれているようです。

 大豆は不使用

大豆に含まれているトリプシンヒビターは猫や犬に有害な物質で、長時間加熱しないと毒性が消えないそう。一般的なドライフードの加熱時間は30秒といわれ、完全に毒性が処理されていないので鼓腸症、消化不良、下痢、アレルギー、皮膚炎のリスクも。このことを考慮して大豆は使用していないとか。成分に豆類繊維質とありましたが、大豆以外の豆が入っているのでしょうね。なんの豆かな?

成分に含まれる豆類

引用元:http://goo.gl/a1ydwq

気になる豆類について、FINEPET’Sの会社エブリワンズにメールで問い合わせてみました。返答は11日後。成分に含まれている豆類は、イナゴマメやエンドウマメだそうです。これは、猫にとって豆が必要というより、繊維質を豆から取っているとのこと。同じ豆でも摂取していいものと悪いものがあるんですね。

ビタミンCとEが含有

●Cに期待できる効果

引用元:http://www.navidiku.rs/magazin/zabava/vitamin-c-za-snazniji-organizam_27460/

キャットフードにビタミンC  を配合することで、どのような効果が期待できるのか、同封の冊子に説明がありました。

・製品の酸化、防腐防止

・アレルギーの予防

・疲労の予防

・消化吸収を助け、体重をコントロール

・歯垢がつきにくい

・股関節の形成不全を予防

・ノミアレルギーを改善

FINEPET’Sでは、でんぷん由来のビタミンCと小麦胚芽油由来のビタミンEを酸化を防止するために含まれています。

●Eに期待できる効果

引用元:http://goo.gl/bF5bv9

FINEPET’Sのキャットフードには、ビタミンEも含有。その効果の説明もありました。

・製品の酸化や腐敗の防止

・皮下脂肪の消化

・妊娠をスムースにさせ、流産を予防

・コレステロールを浄化

・細胞老化を遅らせる

・毛並みをよくする

りんごやクランベリー効果

引用元:http://goo.gl/HZZWHC

豆類についての質問に関してのエブリワンズの返信メールには、その他の成分についての期待できる効能についても説明がありました。りんごは、ビタミンCのほかにポリフェノールも含まれていて、猫の筋力アップや脂肪をつきにくくする効果があるそうです。

クランベリーは、尿路疾患の予防改善に期待できるとのこと。かつて我が猫のうち一匹は、膀胱炎の病歴が。これは嬉しい情報です。

化学合成物質は無添加

着色料や酸化防止、防腐剤など、発ガン性物質や生殖異常の危険がある物質は、一切使用していないとのこと。成分には、鶏脂、豆類繊維質、オートミールや鮭肉のほか、リンゴやクランベリーの果物や昆布、生姜、そしてタイム、ローズマリーも。猫のフードに果物やハーブ類も含まれるていることに正直驚きました。

●昆布:ミネラルの摂取

●生姜:脂肪や糖により影響を受ける血行改善や代謝の促進

●タイム:抗菌作用と消化促進

※以上の効果を期待して、これらの天然成分を使っているということが、メールの返信で、後日分かりました。

全ての猫種に適合するフード

猫の種類や年齢に関係なく与えることができるフード。だから、1種類のキャットフードしかないそうです。それぞれの猫の年齢や体重、運動量に合わせて与える餌の量を調整するだけです。猫がよく患う泌尿器系の病気の予防にも、特別なフードを処方する必要はないとのこと。

猫の1匹は、かつて膀胱炎を患ったことがあるので、予防のために尿のPHを弱酸性にコントロールする成分が入っているものを使っています。完治して現在は健康なのですが、このフードなら安心して与えられそうです。(現在猫が発症している場合は、獣医師の指示に従ってください)

妊娠中の猫にも、バランスの良い栄養配分だから大丈夫。ただし、太りすぎは健康のリスクが高まるので、量は体重を維持できるように様子をみながら与えましょう。

まさに、筆者の猫たちのことだね。

FINEPET’Sキャットフードの保管方法

要冷蔵の謎

foryou

foryou

冷蔵庫で保存するドライフードは、初めての体験。「なぜドライなのに冷蔵庫で?」という疑問が頭によぎりました。そこで、キャットフードと同封のFINEPET’S キャットフードQ&A集冊子を拝読。残念ながら保冷に関する質問応答は見つかりませんでした。

ただ、化学的な酸化剤や防腐剤を使っていないので、1ヵ月くらいで消費するようにという説明が。確かに含有されている成分には、天然素材が多くあります。より品質を保つために冷蔵庫での保存が必要なのだと納得しました。

後日のFINEPET’Sからのメールで、酸化防止処理について更に追記する内容が書かれていました。化学的な酸化防止処理の代わりに、天然由来成分で処理は行なっているとのことです。ただ、効果は弱いので、猫に与える餌も1日くらいなら常温でも品質の劣化はないということです。
つまり、餌入れ容器に入れたFINEPET’Sフードは、1日以上は放置しちゃだめだということだね。

冷蔵庫下段引き出しに保管

foryou

foryou

ということで、使用後は冷蔵庫に保管します。1kgサイズなのでそれほど場所はとりませんが、冷蔵庫に他の食品を買いだめしたり、容量が小さめの場合だと、ちょっとおき場所に困るかな?という気もしましたが、指示通り毎日冷蔵庫に保管します。

●ジッパータイプで開封後もシッカリ密封

foryou

foryou

ジッパータイプなので、開封後もしっかり密封できます。実は、中身のフードを早く見たくて焦りすぎ、きちんと確かめもせずに、反対側をはさみでチョキチョキ切るというドジを。気がついた時は、すでに遅かりしです。

今は100均で購入したクリップを使用し、袋を閉じています。余分な空気をなるべく入れないようにするためか、袋のサイズは、フードの量に対して結構ぴったりとしています。初めのころは、クリップで閉じるのも結構大変かもしれません。。お試しにときは、くれぐれも間違いのないように。といっても、こんな初歩的なドジをする人はいないかもしれませんが。。。

モニター体験後のおすすめ度

引用元:http://www.excite.co.jp/News/mama/20141113/MamaWoman_E1415749424146.html

FINEPET’Sのキャットフードを試した我が猫たちの様子を観察した結果の個人的な感想をまとめてみました。

●お試し版の金額:フードの良さを試すには、充分の量を500円で提供してくれています。自社の製品の品質に自信があるからこそ、是非試して下さいという気持ちが伝わってきます。

●正規の価格:2469円は、通常のキャットフードでは、2kgに相当?高額という感じはありますが、品質面では、化学的な酸化防止剤などを使用せず天然成分だけの配分なので、妥当ではないでしょうか。

●安全性:餌の切り替え中に起きた問題や質問にたいして、FINEPET’Sからのメールで、成分に関する詳しい説明を受け、それぞれの自然材料の効果について理解できました。また、パッケージの成分表記が具体的でどのようなものが原材料として使われているのかが、明確にわかるところからも信頼ができるような気がします。

●栄養素:安全性と関連しますが、他のキャットフードに比べると天然素材の種類が多く含まれています。FINEPET’Sのキャットフードの種類は一種類、現在病気を患っていないネコ全てに与えても良いということからしても、バランスの良い栄養配分が配慮されていると思います。

●オススメ度:金額的だけを考えると安くはありませんが、良心的な応対をしてくれました。お試し中に、一匹の猫の便に異常が見られたときも、中止の必要はなく切り替えの時期をゆっくりするだけで続行してよいとの返答。かなりFINEPET’Sの製品に対する自負がある証拠だと思います。安全性と栄養素から考えると、おすすめの商品といえるでしょう。ただしネコによっては好き嫌いがはっきりしているかもしれません。わが猫2匹も、一匹は好きでしたが、もう一匹はそれほどでもありませんでした。

業者の対応:届けられたフードと、同封の「ドライバーや包装状態を聞くメモ」、またメールでの質問に対しても、丁寧に返信、天然素材の効果や、尿路結石を患ったネコに対しての注意なども詳しく説明していただきました。良心的な会社という印象をうけました。

まとめ

安心で安全な商品を選ぶとき、市場で出回っているキャットフードの数の多さに、どれがいいのか迷ってしまいます。正直、広告文句だけでは判断のしようがないと思うときも度々。今回のFINEPET’Sお試し版は、気軽に購入できる価格です。キャットフードが届けられた瞬間に、今までのキャットフードとは違うなと思われる人も多いでしょう。一度試してみる価値はあると思います。

引用元:http://goo.gl/Ll7ihF

引用元:http://goo.gl/Ll7ihF

FINEPET’Sキャットフード公式サイトはこちらで