猫用ファインペッツキャットフード10日間レビューの口コミと評判を本音で書きました。

以前から気になっていたFINEPET’Sのキャットフード。今回勧められてお試しのチャンスが。この商品は、化学物質はいっさい含まない種類や年齢を選ばずどの猫にも適合するフードとか。とても興味深いです。従来のフードからFINEPET’Sに切り替える期間は、早くて10日間。早速試してみましょう。

モニター参加猫たち

foryou

foryou

今回のお試しフードに協力してくれる猫2匹です。
雑種、オス、たぶん4歳の兄弟、「うなぎ」と「みたらし」です。野良猫のおかあさんと一緒に保護された子猫でした。「みたらし」は、2年前に膀胱炎を患った経験が、現在下部尿路予防用のフードを使用しています。

今から切り替えていくキャットフードFINEPET’Sは、病気中の猫以外は、問題なく与えることができるとか。君達の忌憚(きたん)ない意見を期待してます。

注意説明
長らく販売を中止していたファインペッツが再入荷致しました!
多くの方から、購入できないとお問い合わせ頂きましたが、ようやく購入可能です。
前回と同じように、すぐに販売中止になる可能性が高いです。
それだけ人気の商品ですし、500円という破格の値段ですので試さない理由はありませんよね!

今回試したファインペッツの公式サイトはこちら


また、今回の徹底レビューでは、猫ちゃんの体調が悪いことが重なり、途中でレビューを断念しております。
しかし、これは「ファインペッツ」が悪い商品だったため。というわけではなく、多くの猫でもありえる症状です。
今回、起こった症状についても「ファインペッツ」に問い合わせしたところ、迅速な対応をしていただけました。
また、成分も500円では絶対に購入できない、「安心」「安全」の食材でキャットフードを製造していることも間違いありません。

もし、猫のことを考えてキャットフードを変えよう。と思っているのであれば100%購入しても満足できるキャットフードと断言できるでしょう。

キャットフードの切り替え

foryou

foryou

キャットフードの種類を切り替える場合、一度に新しいフードを与えると、猫が消化不良を起こす場合があります。FINEPET’Sでも、餌の切り替え方のインストラクションがあります。

初日は、従来のフードを、全体の90%、FINEPET’Sは10%。翌日は、80%と20%というように、毎日10%ずつ従来から新ししいフードへと量を切り替えていきます。
万が一、猫のお腹がゆるんできたら、ゆるむ前の割合に戻して様子を見る、大丈夫だったら、再度その割合から10%ずつ進めていきます。

切り替えするキャットフード

●従来のキャットフード

foryou

foryou

●FINEPET’Sキャットフード

foryou

foryou

FINEPET’Sへの切り替え開始

初日は指示通り

IMG_1648
1日に与える餌の量を調べると、猫の体重に対して1%から2%くらいが基本の餌の量らしいです。体重2.5~4kgは、200ccカップの1/4~3/4、体重が4kg~7kgまでは、1/4~1カップと1/4が目安として表記されています。
う~ん、4kgまでの猫とそれ以上の重さの猫が両方とも4分の1カップ以上となると、案外猫によって個体差があるってことになるんでしょうね。ちょっと迷いましたが、我が家の猫は、およそ6kgなので、1日1カップ弱、朝晩と2回に分けるので、2匹で1カップ弱ときめました。
従来のキャットフードと比べるとサイズが大きいので、重さが10%でも容量は多く見えます。

●総量90g

foryou

foryou

重さにすると、90gこれを2匹に分けます。実はこの時点で失敗していたのですが、気がついたのは翌日の朝です。

●床にこぼれたFINEPET’Sフード

foryou

foryou

うっかりこぼしてしまったFINEPET’S数粒を、あっという間に近づいて食べ始めました。良い食いつきが期待できそう。

●あっという間の食事

foryou

foryou

問題なく食べているようですが、シャッター音が気になったのか、食事はわずか2分程度で終わり解散。猫は慣れ親しんだ味を覚えている動物とか。逆にいえば、新しい食事には警戒心があるのかもしれません。
●初日の食べ残し量

foryou

foryou

食べ終わった後の残りの量です。猫はムラ食いする動物だといいます。食べる時と食べないときのムラがあるので、犬と違って完食というわけにはいかないのか?

しばらくこのまま置いて様子をみます。よく見ると、従来のキャットフードだけ残っているような?

開始から2日目

●何を吐いた?

foryou

foryou

翌朝薄暗い床で見つけたときは、餌が合わなくて嘔吐したのかと思いましたが、よく見ると猫草の残骸。これから換毛期に入りますし、毛玉と一緒に吐き出すことは猫ならよくあること、問題ありません。
●便の状態チェック

foryou

foryou

少々尾籠(びろう)ですが、猫の健康状態を知るためにも、朝の排便の状態をチェックしました。硬すぎずゆるすぎず、きれいな状態で見つかりました。今のところ餌の配合に問題は、ないようです。
●餌の配分を再チェック

foryou

foryou

今朝見ると、ほぼ完食。FINEPET’Sのキャットフードは、我猫の合格ラインに達しています。ただ与える量に問題があることに気がつきました。
昨日は200ccのカップに一杯を1日の目安にしました。あの時の重量が90g。猫の体重が6kgとして、与える餌の目安は1%~2%、つまり、60gから120g。この計算からすると問題はないように思えます。

ですが、着目したいのは、この商品の餌の与え方の注意書きです。1回分は食べきれる量を与えること。従来1回分として与えていたのは小さなセトモノの容器で、朝晩2回。マニュアル通りにこだわりすぎてしまったために、普段より多めに与える失敗を。

●いつもの量で

foryou

foryou

容器に入る餌の総量は、およそ35g。これを朝晩2回、一匹に対して計35gを給餌することに変更しました。つまり、二匹の1回分のフードの配合は、2日目で、従来の餌:28g FINEPET’S :7gと8:2の割合に。
●比較すると大きめの粒

foryou

foryou

粒が大きいので、見た目多く見えるかもしれませんが、こんな具合に。

●初めの食べはじめたのは「みたらし」

foryou

foryou

早速食べ始めたのが、「みたらし」です。もう一匹の「うなぎ」は、すこし神経質。シャッターの音で逃げました。一気に食べきるということはないようですが、ちょこちょこ食べにくるので、このままそっとして、また後で餌の減り具合をみます。

3日目

●昨夜与えたの餌の残量

foryou

foryou

計量したら5gでした。ほとんど完食です。2日目も順調に進みました。

従来の餌:25gに計量

foryou

foryou

残っていた餌の5gに、従来のフードを追加して25gにしました。
●FINEPET’S :10gに計量

foryou

foryou

FINEPET’Sを新たに10g計量。
●1回2匹分で35g

foryou

foryou

合わせて35g、200ccの計量カップに入れるとこのような割合に。粒が大きいので、FINEPET’Sのキャットフードと同量のように見えますが、重さは5:2の割合です。
●半分に分けるとこのような感じです。

foryou

foryou

ボールに2分して1回目の給餌の準備完了。この量を朝1回目の食事として2匹に与えます。
手に載せたフードに食欲旺盛

foryou

foryou

餌の準備や計量をしているときは、寄ってきて隙を盗んでは、フードを食べようとするほどの食いつきですが、いざボールに入れると、済ました顔で距離を置きます。試しに手で与えるとムシャムシャと。餌を乗せた手からは、おいしそうなちょっと発酵したような?鮭の香りが。このまま手で食べさすわけにはいかないので、今回もしばらく様子を見ます。
●今朝与えてた餌の残量を夕方チェック

foryou

foryou

夕方5時過ぎ、ほぼ空っぽ、ちゃんと問題なく食べています。同量の餌をこれから与えます。翌朝ボールの中はどれだけ残っているでしょうか?

今朝も快便。かつてない15cmくらいの産物を発見。これは餌のせいかどうかは謎です。

4日目

●昨夜からの今朝までの残量チェック

foryou

foryou

昨夜からの残量。計量すると20g。今日は多めの食べ残しです。昨夜は気温が高く湿気が多かったので、食欲が減退だったのかもしれません。残ったフードは、もったいないですが、ちょっと衛生面で心配だったので廃棄しました。
●従来の餌を計量

foryou

foryou

今日の餌の割合は、従来が60%の20g(正確には、35gに対しては、21gですが、概算しました)を与えます。
●FINEPET’Sのフードを計量

foryou

foryou

お試し切り替えフードFINEPET’Sが40%の15gで計量です。
●食事の準備完了

foryou

foryou

●フードは、これで宜しいですか?

foryou

foryou

今日も、まず猫たちに餌の確認をしてもらいます。認証が終わると、気が向いときに食べに行きます。

ぼーちゃん
なぜか、食事時には、この儀式が習慣になってしまったようです?
●あれ?猫草

foryou

foryou

気がついたら、猫草を。もともと好物なので、普段からよく食べます。餌のせいではないでしょう。換毛期になったのか、抜け毛が多くなりました。胃の中の毛玉対策を考えているのかも?

5日目

●今朝も残量チェックから

foryou

foryou

5日目の朝は、十数粒残しただけの、ほぼ完食です。しっかり食べてくれると飼い主としても嬉しくなります。
●今日は50%ずつの割合

foryou

foryou

本日は、配分が半分の日、1回分の総量を2匹で35gに設定しているので、17.5gと端数がでます。面倒なので、従来の餌:17gに。 FINEPET’S :18gとFINEPET’Sのフードに寄せました。
●粒が大きいFINEPET’Sは見た目が多め?

foryou

foryou

FINEPET’Sのフードを18g計量です。ボールに入れたとき、FINEPET’Sの方が多くみえますが、重さはほぼ同じです。
●舌なめずりでチェック終了

foryou

foryou

今回も、ボールから食べる前に手のひらに載せて猫にチェックしてもらいます。「配分はいかがですか?」みたいな感じでしょうか。
●人気がないと、ぼちぼち食事

6日目

あっという間に6日目です。今日は、FINEPET’Sのフードの割合が多めになる配分40%対60%に。従来の餌:15g FINEPET’S :20gが目安です。
●今朝の食べ残しはしかたない

foryou

foryou

今朝の食べ残しです。早朝「お腹空いた!」の猫デモで、寝ているお腹の上を駆け回られたので、少々追加しました。元々、一匹の餌の総量は、35gとかなり少なめなので、その都度の猫の食欲に応じて調整してもいいと思います。
●残った餌を計量

foryou

foryou

残量10g。早朝追加で与えたフードはおよそ20g、10g食べたことになります。FINEPET’Sフードは、栄養が満点で、与える量は一般のフードの半量でいいとか。もちろん、猫の状態を見ながら調整するということですが、我が猫は、少々ぽっちゃりタイプ。今のところ、量は足りているようなので、基本は一匹につき35g程度を1日の給餌にします。
●追加して合計15gで従来の餌を

foryou

foryou

残ったフードを毎回捨てるわけにはいきません。気温も低めだったので、追加して従来のフード15g。正確を極めれば、14gが全体の40%ですが、少々大雑把です。ご容赦ください。
●本日より割合が逆転FINEPET’Sが多めに

foryou

foryou

FINEPET’Sのキャットフードは、21g。相変わらず、開封すると、おいしそうな香りがプーンと漂ってきます。成分表をチェックしたからか、凝縮された旨味成分の香りがイメージできます。
●用意完了

foryou

foryou

混ぜ合わせると、FINEPET’Sが、かなり多めに見えます。今日は、手で餌を与えず、猫の食欲に任せてみましょう。
●30分後のモニター

foryou

foryou

ふと物音がした方向を見ると、お食事タイムが始まっていました。「なんだ。すました顔してたけど、お腹がすいていたんだね」。シャッター音に不慣れな一般猫ゆえ、緊張して食べなくなるかも。このまま放任して夕方残量チェックをします。

お試し開始から本日6日まで、便の状態は順調。毎日1~2回、色は、若干濃い目の茶色、FINEPET’Sのフードの色のせいかもしれません。

猫の便に異常発見

7日目

実は、今日の配分は、従来の餌:25g FINEPET’S :10gとなる予定でしたが、ちょっと問題が起きました。2匹のうちのどっちかは、判明しませんが、便の状態に気になる点が。多分最後のときに排泄したのだと思いますが、粘液のある小さな固まりを見つけました。昨夜から今朝にかけての排泄です。
元気もあるし、嘔吐などの症状もありません。さっそくネットで調べてみると、食べ物アレルギーや、餌を変えたことによるストレスが便にでることもよくあるとか。昨日まで問題なかったのに、突然状態が変わるんですね。

気になる原因は?

食べ物アレルギーとしたら、どのような成分が考えられるのでしょうか?早速FINEPET’Sの原料を再確認。鶏脂(酸化防止剤としてd-αトコフェロール=小麦胚芽油由来を使用)、豆類繊維質、鮭肉、オートミール、鶏レバー、乾燥全卵、リンゴ、昆布 クランベリー、タイム、カシア、アニス、カモマイルなどなど。あらためて内容物の多さに驚きです。この中から我が猫がアレルギーになる物質はあるのか、正直わかりません。今までにも何度か餌を変更したこともありますが、アレルギーになったことはありません。
●従来の餌と共通の成分を調べると

引用元:https://welq.jp/3797

ビタミンやミネラルなどは、どちらも含まれていますが、表記が複雑すぎて正直比較が難しいのでスキップ。ここでは、天然素材と思われるものだけをピックアップしてみました。

1.サーモン
2.オートミール
3.卵

「あれ、これだけ?」意外でした。もっと共通の材料が見つかると期待していました。ただ、ここで気がついたのですが、肉類に関しての成分表記の違いです。FINEPET’Sの成分表記は、鶏レバー乾燥で、具体的になにが使われているかが分かります。一方のフードは、家禽ミールとあります。これってなんの肉が使われているか分からないと思いました。
餌の配分が問題?

foryou

foryou

便に異常が見られたら、正常だったところまで戻った配分で始めるのが、FINEPET’Sの餌の与え方の指示です。今日は、念の為に、餌は猫が欲しがったときだけ従来のものを与えることにします。

8日目

従来の餌:7g FINEPET’S :28g
従来の餌70%にFINEPET’S30%で様子をみます。餌の配分量は3日目と同じ、念のためにこの感じで。昨日は、あれから1回、どっちかがしていました。問題はなく健康そのものでしたが、どちらの便かがまだ判明できていません。ずっと付いていることはできないので、多頭飼いの場合は、その点がちょっと難しいです。
正直まだ予断はできませんが、2匹とも元気におもちゃで走り回るので、たぶん餌の切り替えが、この猫たちにとっては早すぎたのかもしれません。それぞれ個体差がありますね。
夕方の便に異常

foryou

foryou

ついに、犯人(失礼!)が判明。「うなぎ」のトイレの後を見ると、若干血のついた緩めの便が見つかりました。これは、もうストップするしかありません。実は膀胱炎を患ったことのある猫は、「みたらし」だったので、こちらの猫だと思い「大丈夫?」と話しかけて大好きな紐遊びで出きる限りの時間でかまってあげていたのですが、見事に予想はハズれ、ほったらかしにしていた「うなぎ」のほうでした。

便の状態以外は、排泄の頻度も正常、食欲・運動・呼吸・毛の艶など問題なく健康なので、従来のフードのみ与えることで様子をみることにします。

9日以降

foryou

foryou

心配していた「うなぎ」の便の状態は、正常に戻りました。あれから4日間現在に至るまで、おやつのスペシャルをねだる以外は問題がありません。残念ながらFINEPET’Sのキャットフードの切り替えはここで断念せざるを得ないようです。

FINEPET’Sに問合せ

2匹の猫のうち、一匹にだけ便に問題があったということは、どんなに優れた餌でも猫によって、合う合わないがあるのでしょうか?切り替えの配分を変えれば、問題は解決するのでしょうか?今回のお試しは、普段気にしていなかった、猫に与える餌に関していくつかの疑問が浮かびました。
フードが届けられた当初、同封された小さなメモを思いだしました。
●配送への業者の心使い

foryou

foryou

FINEPET’Sのキャットフードを受け取る時の、購入者の気持ちも含めて、この商品に満足してもらいたいという想いが込められていますね。良心的な会社だというイメージをもちました。冷蔵庫にあるFINEPET’Sのフードは、使われることなくこのままずっと保管されていくのでしょうか。

アフターケアのメール

このような状況に、折りしもFINEPET’Sからメールが送信。

スクリーン

グッドタイミングというか、心の悩みを見透かされたかのように、親切なメールが届きました。「ならば、このチャンスに問い合わせてみようではないか」状況を説明し、与え方に間違いがあったのか?アレルギーということも考えられるのか?その対策方法はあるのかなどを知りたくなりました。
出来れば、冷蔵庫の眠り姫、FINEPET’Sの餌を目覚めませたいというのが正直な気持ちです。

問合せのメールをFINEPET’Sに送信

foryou

foryou

早速メールを送信。送り先は頂いたメールに書かれていたお客様サポート宛てに。FINEPET’Sを与えた配分と便の様子を伝えたものです。果たしてどのような返答をいただけるか、ただいま待機中です。

メールのやりとり

引用元:https://www.shikaku-square.com/hisyo/useful_manners

同日FINEPET’Sのキャットフードの製造販売会社エブリワンから、こちらの名前や住所また猫の体重などの情報が知りたい旨メールが届きました。早速返答のメールを送信。メールの内容は、猫のフードの切り替え時の参考になるかと思います。

●FINEPET’Sからの回答メール

foryou

foryou

切り替えの配分は、猫によって違うということです。今回試した期間の倍くらいの時間をかけて切り替えするようにとのアドバイスを頂きました。

●血便についての質問メール

foryou

foryou

ですが、正直軟便というより血がついていた事実が心配だったので、再度確認のための問合せをしてみました。

●FINEPET’Sから再度返答

WS000119
返答は、上記の通りでした。「うなぎ」の場合は、血の色が赤かったので軟便のために肛門が切れて血が出ていたとのこと。内臓に異常がある便の血は、もっと焦げちゃ色の濁った色なのだそうです。もちろんこれだけで判断するのは危険ですが、今回はFINEPET’Sのフードを止めたら、便が正常に戻った、健康状態も問題ないということを含めての判断を教えてくれたのだと思います。

●御礼のメール

foryou

foryou

FINEPET’Sからの回答で、やっと安心することができました。問合せに対する丁寧な対応で、この会社とFINEPET’Sのキャットフードに対する信用度が高まりました。

FINEPET’Sの感想。メリットとデメリット

メリット

安全なキャットフード。酸化防止剤や保存料、着色料など、合成化学物質をいっさい使っていません。

自然の素材にたいしてもより吟味。猫の体に悪影響の可能性があるとされる大豆を使用していません。

現在病気でない猫であれば、猫種や性別、年齢に関わらず全ての猫に適応すること。特に多頭飼いの場合、高齢でも若い猫でも同じ餌を与えることができるので、餌を与える管理が楽です。

きちんとした対応をしてくれるので信用できる。トラブルが発生した時や質問に対して、すばやく返信。納得いくまで対応してくれました。

新鮮な状態で猫に餌を与えることができる。1袋1kgで冷蔵庫に保存するので、劣化が少なく、比較的に短期間で1袋を完了できる。

デメリット

メリットの裏返しが、デメリットになるということかもしれませんが、今回の使用で感じた個人的な感想だということを留意してください。

比較的に高額である。品質の向上を追及すると必然的に、商品の価格は高くなるというのが通常です。一般に多く市販されているキャットフードは2kg前後で、FINEPET’S1kgの価格に相当するようです。経済的な負担を感じる場合もあります。

常温での保存が難しい。常温での放置が丸1日くらいしかできないそうです。例えば、1日以上留守中の場合、FINEPET’Sのフードの使用は難しいのではないでしょうか?

猫によっては、好き嫌いがある。FINEPET’Sは、独特な香りがします。個人的には、おいしそうな香りで思わず食べてみたくなります。「うなぎ」は、FINEPET’Sをとても気に入りましたが、「みたらし」は、当初興味を持ち匂いを嗅いだりつまみ食いもしていましたが、その後は、従来の餌のほうが好みだったようです。表現が難しいのですが、微妙に酒かす?のような匂いもします。FINEPET’Sの香りに対して、猫の好き嫌いがはっきりしているのではというのが正直な感想です。

FINEPET’Sが気に入った「うなぎ」が軟便になりました。食べ過ぎたのかな?

後記

実は、FINEPET’Sの餌への切り替え中は、翌日残っていた餌に新しく追加してFINEPET’Sを与えていました。しかし、「うなぎ」の調子が悪くなってから、問合せをしたところ、基本的な餌の与え方は、「残った餌は、そのまま置かないで片付ける(たぶん冷蔵庫)。ただしそれぞれの家庭により餌の与え方は違うので、丸1日くらいなら常温でも大丈夫だ」という説明を受けました。

我が猫たちの夕食は、そのまま朝まで放置し、翌日の残りの餌に追加して与えていました。残量はそれほど多くなかったのですが、FINEPET’Sに関しては避けたほうがいいのかもしれません。今回は、自分の猫を知るいい機会になりました。兄弟でも猫によって体質が違い体はデリケートで、餌の配分は充分の配慮が必要なのですね。

ファインペッツの公式サイトはこちら