CANAGANキャットフードお試し12日間レビュー!口コミと評判を本音で書きました!

今回はCANAGANのキャットフードを我が家の猫「うなぎ」と「みたらし」に与えます。CANAGANは、代表的なペットフードとして周知されていますが、高品質としても評判も高いので、期待大です。
猫の餌の切り替えは、思ったよりも繊細なもので配慮が必要です。新しい餌の配分は、毎日の猫たちの健康状態をチェックしながら決めていきたいと思います。今回は、うまく切り替えに成功するでしょうか。

CANAGANの考える一般的な餌の分量

猫の年齢に応じた餌の量

引用元:http://hapicafe.seesaa.net/article/107126455.html

パッケージの表記に猫に与える餌の目安があります。
子猫の場合

月齢 1日の給与量(g)
2ヵ月以降 20-30
2-4ヵ月 30-55
4-6ヵ月 55-75
6-12ヵ月 75以上

成猫

体重(kg) 1日の給与量(g)
2.5以下 25-35
2.5-3.5 35-45
3.5-4.5 45-60
4.5以上 60以上

猫の体重を考慮した餌の配分

我が家の猫のうち、「みたらし」は少々オデブの傾向が。猫の餌の与え方で、CANAGANのパッケージにもう1つ気になる文面があります。

太リぎみの愛猫の場合:10%減らす

痩せぎみの愛猫の場合:10%増やす

優しい言い回しですが、要は太った猫は少なめにして体重を減らし理想体重になるまで餌の調整をしましょうということです。やせ気味の猫の場合は、もちろんその反対ですね。

CANAGANへの餌の切り替え方

切り替え期間

子猫に初めて与える場合は、水でふやかすなどして適量を与えますが、従来のものから新しい餌へ切り替えるときは、ある程度の時間をかけて配分を調整する必要があります。CANAGANの場合は、食べなれたフードに少しずつ混ぜて、最短でも7日間ほどかけて切り替えるように記載されています。

日数 CANAGANの割合(%) 従来の餌の割合(%)
初日 25% 75%
3日目 50% 50%
5日目 75% 25%
7日目 100% 0%

もちろん猫の年齢や運動量、住宅環境などで個体差があるので、あくまで目安として調整しながら与えます。

初日の餌の量決定

2匹の餌の総量1回分40gx朝晩2回として、徐々にCANAGANに切り替えていきます。実はいつも計量に使っていた容器で35gの餌が入ります。これを朝晩2回、2匹の猫に与えています。ですが、分量的には基準より少なめなのが分かりました。もちろん猫の様子を見ながら調整はしますが、5g増やして40gにしても問題はないでしょう。また、35gよりも40という数字の方が割り切れて計量もしやすいです。

●油断大敵

foryou

foryou

ちょっと目を離しているすきに、やられました。犯人は「みたらし」です。現場を押さえてなくても分かります。

1.紙が好きで、うっかり置いておくと遊ぶ

2.食い意地が張っている。

穴を開けて、つまみ食いをしていたようです。床に食べかすのような粉も見つかりました。でもこれって、CANAGANが気に入っているってことじゃないでしょうか?期待が膨らみます。

●応急処置

foryou

foryou

新たに開封するより、この穴を餌の取り出し口にしようと思ったのですが、ぼろぼろこぼれて上手くいきません。100均のアルミシールで応急処置。接着力もあるし、パッケージの材質に近いのでしっかり補強できました。香りは、猫の嗜好にとても大事です。使用後はしっかり密閉します。

モニター体験猫の紹介

foryou

foryou

手前が「みたらし」奥が「うなぎ」同じ日に生まれた兄弟です。野良の母猫から保護された雑種です。今年で4歳。体重「みたらし」が5.4.kg、「うなぎ」は5.8kgです。少々太り気味。理想の体重を目指して、餌の量をコントロール中です。

「みたらし」は過去に膀胱炎の病歴が1回あります。その後下部尿路コントロールの用を給餌しています。このような特殊のキャットフードは制限された栄養配分が多いとのこと。現在猫が健康ならば、バランスのとれた総合栄養食を与えたほうがいいと聞きました。

モニター猫として、正直にリアクションします。宜しくお願いします。

CANAGANのフードへの切り替え開始

●CANAGANの餌4g

foryou

foryou

25%ではなく念の為10%の配分から始めます。インストラクションでは、初日は25%がCANAGANの配分でしたが、別のキャットフードの切り替えは、10%からでした。それでも便の調子が途中で悪くなったので、慎重に様子を見ながら進めたいと思います。

かつて、自分の猫が切り替えに失敗した経験により、その必要性が身に染みて分かりました。

●CANAGANを盗み食い

foryou

foryou

計量を始めたら、「みたらし」が寄ってきてつまみ食いを始めました。開封したてのCANAGANは香ばしくていい匂いがします。

●従来の餌26g 

foryou

foryou

従来の餌は、Purina One、下部尿路ケアです。総量40gの90%で26gを用意します。

●本日1回目の餌をボールに入れると

foryou

foryou

2つのボールに分けました。適当です。猫たちも気ままに食べにきます。食事の準備や写真を撮っているときは、つまみ食いをしたり邪魔していたのですが、用意ができた途端、距離を置いて見守っています。シャッターチャンスを狙って待機していると、すぐには食べに来ないかも。このままにして、後ほど様子をみます。

夕方午後6時過ぎの残量

foryou

foryou

そろそろ猫の様子が、そわそわしてきた、夕食のごはんじゃないの?って感じです。今朝の餌はというと、少しだけ残っています。やっぱりいつのまにか、食べていました。

●残量の重さ7g

foryou

foryou

残った餌は7g。まずまず順調。うちの猫は、お皿を空っぽにしない。少し残して次の餌をおねだりします。袋から出したばかりは、美味しい香りが漂いますが、ちびちび時間をかけて食べるので、夕方頃には香りが減少。人間と同様に、猫の食欲に香りは大事な要素なのだとあらためて実感。後は、便のチェックが残っています。

●空っぽ

foryou

foryou

通常餌を残すと書いた舌の根も乾かないうちに、お詫びの訂正をしなければならなくなりました。30分後に、残りも完食。仕事中に、「残さず食べたよ」とニャーニャー報告に来てくれました。

●夕食はCANAGANを25%に増量

foryou

foryou

照明の加減で見づらいのですが10gのCANAGANです。と言っても計量中に「みたらし」が早速漁りに来たので、中身は見えません。切り替えにチャレンジ中なので、食べてくれるだけで嬉しくて、邪魔したくありません。結果どうでもいい画像になってしまいました。

●従来の餌は30g

foryou

foryou

従来の餌は、40gの75%で30gを計量です。いつも思うのですが、餌の色って同じ茶色でも濃淡がありますよね。含まれている成分の違いなのでしょうか?色の違いが出る成分ってなんなのかな?という疑問。長くなるので、またあらためて調べてみたいと思います。

●食べ始めました

foryou

foryou

すぐに食べ始めたのは食いしん坊の「みたらし」。少々ぽっちゃりタイプ。「うなぎ」は、まだお腹が空いていないようです。兄弟で一緒に暮していてもお腹の空く時間は、まちまちの場合も。

犬のように毎日決まった時間にがっつり食べるということはないんですね。以前は犬を飼っていたので、色々な違いが発見の日々です。

2日目

●便のチェックも順調

foryou

foryou

初日の餌の切り替えで、一番気になるのが、便の調子です。画像は少々ぼかしを入れましたが、色も硬さも順調。今日の配分の決め方のヒントになります。

●フードは、ほぼ完食

foryou

foryou

数粒しか残っていません。ということで食いつきも順調。残量は計量するほどのこともないでしょう。

●CANAGAN25%維持

foryou

foryou

早速CANAGANの餌の匂いに釣られて、計量途中につまみぐいに来ました。堂々としたもんです。まったく罪の意識はありません。

●CANAGAN10g

foryou

foryou

計量器のg数が、薄くなってきて画像では見えにくいかもしれませんが、CANAGAN10gです。今朝の便が健康だったので、CANAGANの指示通りに配分します。

●従来の餌30g

foryou

foryou

40gの75%ということで30gです。

●朝食用意完了

foryou

foryou

準備ができました。興味を示したのは、食いしん坊の「みたらし」です。見た目は「うなぎ」より太っているのに、体重は軽い猫です。「みたらし」は、スコティッシュフォールドのように体が柔らか。一方「うなぎ」は、シッカリとした骨格。この差が重さに関係しているのかもしれません。同じ兄弟なのにね。

●余裕のうなぎ

foryou

foryou

「うなぎ」は、餌置き場から2m離れた椅子に座って、こちらの様子を伺っています。すぐには、食べに行きません。余裕な態度です。

でも君は5.8kgあるんだから、食べてるんだよね。

●「うなぎ」の食事目撃

foryou

foryou

しばらくすると、ポリポリと音が。「うなぎ」発見。食事中でした。ちゃんと食べています。シャッター音で逃げてしまう恐れがあります。

●そっと確認

foryou

foryou

そっと近づきました。ボールに顔を突っ込んで、しっかり食べています。「うなぎ」今度は、便の調子このまま順調にいきますように。

●夕方の餌新しい餌

foryou

foryou

お腹が空いたコールが夕方始まりました。お皿にはまだ残っています。残量10g。でも古くなっているので、魅惑の香りは減少、新しい餌を追加。今朝と同様な配分で与えました。今度は2匹同時に食べています。2匹の空腹の体内時計が、この時点で重なったようです。一気に全部は平らげません。2分くらい食べたら1回目は終わりです。ちびちび食べます。

3日目

●今朝の餌容器の中身

foryou

foryou

餌を吐いていました。ボールに入っていたのは、初めてです。多分「うなぎ」です。彼は、一ヵ月に2~3回くらい嘔吐して毛玉を排出します。餌がこのようにたくさん消化しないまま吐くことは珍しいのですが、一気に食べたりするとこのような吐き方はするそうです。

換毛期にはいって抜け毛が多くなっています。毛玉の排出のために嘔吐の頻度も増えたのかもしれません。画像で何度もあげるには、ちょっと抵抗があるので、記録だけ残しますが、今朝の便は全く問題なく順調でした。ひとまず安心です。

●CANAGAN35%(14g)

foryou

foryou

電池を交換しないとと思いながら、まだこのままです。肉眼では見えるので、ご容赦ください。今朝はCANAGANを増量です。指示書によると、初日25%、5日目は50%とおおよその目安しか。そこで今回は、35:65でいきます。CANAGANは14gで計量。

●従来の餌65%(26g)

foryou

foryou

従来の餌Purina Oneは40gの65%で26gです。

●見た感じの餌の配分

foryou

foryou

若干濃い茶色のフードCANAGANが見た目でも増えてきました。食事の準備完了です。

●今回は「うなぎ」が

foryou

foryou

2匹でもお腹が空く時間が違うみたいです。今朝久しぶりに、2匹の体重を測ってみました。「うなぎ」6.8kg、「みたらし」6.2kgでした。意外にも、ブーだと思っていた「みたらし」より「うなぎ」が重いということが判明。

というよりも、5kgを少々オーバーだろうと思っていたので、こんなに重いとは驚きです。猫の平均体重は、性別や骨格によっても違うのですが一般的には3~5kgとか、大柄な猫種で知られているメインクーンやノルウェージャンフェレストキャットは7kgでも肥満ではないようです。しかし我が猫は、雑種、野良のお母さんから保護された子猫でした。理想は1歳の時の体重で120%以上が肥満といわれています。

1歳の時の体重。記録にありません。飼い主としてはマイナス点ですが、多分5kgちょっとなのではと推測します。としたらやはり、少々体重オーバーです。4.5kg以上の1日の餌の給与量は、CANAGANのインストラクションによると60g以上。太り気味の猫は10%減ということで、54gが目安となります。

実質与えている餌は、一匹1日40g。すでにかなり少なめですが、猫たちの今の多めの体重と食欲なら、現状を維持して増量はしません。健康状態も良好です。

4日目

●今朝の餌の残量

foryou

foryou

お皿に、ぽつぽつと残っているだけです。わざわざ計量する必要のない、ほぼ完食状態です。

●CANAGAN40% 16g

foryou

foryou

CANAGANは、1回分に与える総量40gの40%を。重さにして16gです。

●従来フード60% 24g

foryou

foryou

残りは、従来の餌で24g計量。「みたらし」が計量中の餌を食べにやってきました。お腹が空いているようです。今回は、CANAGANではなくて、こちらの餌にやってきます。慣れた味の方がいいのかな?

●今日のフードの配合加減

foryou

foryou

混ぜた後も、食べているので良かったです。「うなぎ」は距離を置いたところに座っていますが、興味はないようです。お腹が、まだ空いていないのでしょう。

5日目

●今朝の残量

foryou

foryou

見事に完食です。気持ちのいい食べっぷり。順調に餌の切り替えはすすみます。排便など、体の異常もありません。

●CANAGAN20g

foryou

foryou

開始から5日目、目安は3日目に半々ずつの切り替えということですが、前回の失敗から今回も慎重を期して2日間遅れの本日CANAGAN50%の20gにトライ。計量中に、また「みたらし」がつまみ食い、反射して非常に分かりづらいですが、20gは確認済みです。

●従来の餌50%の20g

foryou

foryou

こちらも、1回に給餌する重さ40gの半分に計量します。

●混ぜて2つのボールに

foryou

foryou

「みたらし」が食べてくれています。混ぜても問題なく食べています。

6日目

●今朝の餌の残量多め

foryou

foryou

少し多めに、餌が残っています。

●残量を計量したら14g

foryou

foryou

計量してみると、14g残っていることが分かりました。

●換毛期の抜け毛で食欲減退?

foryou

foryou

換毛期に入り、毎日ブラッシングで抜け毛が大量に収穫。「みたらし」(画像左)で毛ボールを作りました。毎日のグルーミングで毛を舐めているので、お腹の中に大分入っているのではと気になります。今朝の餌が多く残されていたことと関係があるのでしょうか?

これからの換毛期には、毎日のブラッシングをお願いします。

●CANAGAN60%として24g

foryou

foryou

今朝の便のチェックは問題なし。2つの物体を発見。色艶硬さもキレイでした。色が若干濃い目の茶色。CANAGANの餌の色が影響しているのでしょう。調子がいいので、本日は、CANAGANを60%に増量します。

●従来の餌40%として16g

foryou

foryou

●従来の餌を計量中につまみ食い

foryou

foryou

従来の餌の重さを撮影していると、食べ始めました。計器が静止していないので、正確な数字が出ずに苦労しました。今日も従来の餌の食いつきのほうが良いようです。

●本日の配分60%(CANAGAN):40(従来の餌)

foryou

foryou

用意ができたとたん、猫たちはどこかへ行ってしまいました。撮影の時には邪魔していたのですが。計量中の餌をつまみ食いするので、お腹も空いているのかと思いきや。。。そういえば、ここ数日、計量中につまみ食いをして、餌を混ぜて用意したとたんに、食べなくなるという状態が続いていることに気がつきました。もしかして「うなぎ」と「みたらし」は、混ぜないで別々に食べるほうが好きなのかもしれません。

CANAGANでは、餌の与え方についてどのように考えているのか、メールで問い合わせることにしました。後日返事が来る事を期待しています。

●今朝の餌の残量

foryou

foryou

ご覧のとおり、ほぼ完食。便も順調。昨日の給餌では、興味を示さず「食べてくれない」とCANAGANのサイトから問合せのメールを出したのですが。。。今朝はちゃんと食べています。「なんだろう?ちょっと焦りすぎかな?」と反省です。

後日談ですが、切り替え終了した現在も問合せに対する返事はまだ来ていません。忙しくてささいな質問は見落とされたのかもしれませんね。

●残量を測ると3g

foryou

foryou

一応残っている餌の重さを測ってみました。3gです。昨日は朝の35gと夕方の32g、合わせて67gを2匹で食べました。

●CANAGAN75%の30g

foryou

foryou

餌の切り替えから7日目です。昨日は60%でした。今日はCANAGANの割合を75%に切り替えます。重さにしたら30gです。

●従来の餌25%の10g

foryou

foryou

従来の餌は、25%の割合に。10gになります。計量したところを写そうとしたら、「みたらし」が食べにきました。重量の数字が変わってしまうので、右手にスマホ、左手で猫を制止しようとしてます。このパターンが定例化してるような気がします。

●餌の配分はほぼCANAGAN

foryou

foryou

75%のCANAGANの配分だと、見た目はほとんどCANAGANになります。

●2匹一緒に食事

foryou

foryou

久々に2匹が一緒に食べ始めました。左の茶色が多いのが、「うなぎ」です。こうして真上から見ると「みたらし」の方がふくらんで見えませんか?でも体重は、「うなぎ」のほうが0.4kg重いです。この猫たち、太りすぎに見えますでしょうか?

8日目

今朝チェックした時の餌の残り

foryou

foryou

昨夜に与えた餌の量40gの残りです。見た目からも少し多めに残っています。昨日の朝の分は、ほぼ食べていたのですが、夜は人間と同じく寝ているので運動量も少なく食べる量も減るのでしょうか?といっても、日によって食べ残しの量は違います。猫は気まぐれということでしょうか?

●残りの餌を計量したら

foryou

foryou

30gありました。あまり減っていません。今朝は、新しく追加しないで今ある餌を食べ切ってもらいます。

●ウエットフードをスプーン一杯追加

foryou

foryou

風味をつけるために、まぐろの猫缶をスプーン一杯混ぜてみます。うちの猫の大好物です。やっぱり本物の魚のほうがドライフードより好きなんですね。

●ウェットフードの威力?2匹で夢中に食事

foryou

foryou

うちの猫には、ウエットフードの威力は大きいようです。なるべく与えないようにドライフードだけにしていますが、猫も同じフードばかりじゃ飽きるんですね。時々食欲が少ないときは、使用しています。

9日目

●空っぽのお皿を発見

foryou

foryou

お腹が空いたアピールをしてきた「みたらし」。昨夜に与えた餌は完食です。昨日フードに混ぜたウエットフードが食欲を増したのでしょう。便も問題なし、餌の切り替えは順調のようです。CANAGANの最短7日間で切り替えより、少し慎重にしてきましたが、9日目の今日まで2匹とも健康状態は良好なので今日はCANAGAN100%を試してみます。

●順調なのでCANAGANの餌だけ給餌

foryou

foryou

初めは、CANAGAN10gを入れて様子をみます。鼻を近づけてヒクヒクしていた「みたらし」ですが、1粒だけ食べて立ち去りました。

●猫が食べてくれる一番の方法

foryou

foryou

どの猫もそうなのか分かりませんが、手のひらで餌を与えると食べます。食いつきが悪いときは、この方法で、まず餌の確認をしてもらいます。それがいいことなのか、どうかは疑問ですが。。。。

ぼーちゃん
手のひらに味でもあるの?

●まだ早すぎ?従来10gの餌を混ぜることに

foryou

foryou

従来の餌10gを追加しました。早速「みたらし」が来て食べ始めました。うちの猫には、CANAGANだけはまだ馴染めないようで、100%にすると食べずにほとんど残ってしまいした。そこで、一度にあげず猫の食べ具合を見て、何回かに分け給餌していきます。少しずつCANAGANの量を増やして様子をみてみましょう。知らぬ間に餌ボールにねずみのオモチャが入っています。

●猫の様子をチェック。「みたらし」お昼ね中

foryou

foryou

午後3時の餌のチェックでは、まだお皿に半分くらい残っています。チョボチョボしか食べませんが、気持ちよさそうに寝ているので、健康状態は心配するようなことはないでしょう。

午後5時にチェックしたときは、餌がまだ残っていました。計量すると10g。ウエットフードを少しだけ追加したら、喜んで完食です。1時間後、追加10g CANAGANだけ与えて様子をみます。その後便発見。ほぼ良好ですが、最後の方が若干柔らかめ。用心のためCANAGANの量を減らし、従来の餌20g:CANAGAN10gにします。

10日目5/31

●今朝の餌の残量はなし。完食

foryou

foryou

お皿の中は、空っぽでした。便はまだ出ていないので、チェックできていません。配分を、このまま進めていいのか迷いますが、餌を与える時間です。昨日の便の状態が気になるので、CANAGAN100%は変更。問題がなかった75%まで戻ればいいということですが、用心して65%まで戻ることにします。以前切り替えに失敗した経験から、焦りは禁物だと学びました。

 

●CANAGAN65%の26gに計量

foryou

foryou

●従来の餌35%の14gにして、全部の餌の重さ40g

foryou

foryou

●2つの餌ボールに入れて、このような配分に

IMG_2211

この配分で、問題なければ、晩も同じように与えることにします。ちゃんと食べてて、体の調子も良いことを祈ります。

11日目5:2 (CANAGAN:従来の餌)

foryou

foryou

気になる便は、今朝見つけました。正常だったので安心です。

●今朝の餌の残量もほぼ完食

foryou

foryou

餌も昨夜から今朝までに、ほぼ完食です。順調なので更にCANAGANの割合を増やします。

●従来の餌は25%で10gに

foryou

foryou

また、計量中に「みたらし」が、つまみ食いを始めます。食べる時の振動で、計器が正確な数字を示してくれません。写真を撮っている最中なので、食べるのを押さえるのが大変でした。言い換えれば従来の餌の食いつきが良いということになります。

●CANAGAN75%で30gに計量

foryou

foryou

CANAGANの計量中も、従来の餌を食べ続ける「みたらし」です。

●餌の配分

foryou

foryou

お皿に分けたところで、誰もいなくなりました。

●手のひらに載せると食べる「みたらし」

foryou

foryou

食べてもらいたいので、手のひらに載せて本日の餌をチェックしてもらいます。

●手のひらに載せると食べる「うなぎ」も

foryou

foryou

少々神経質な「うなぎ」は、シャッター音が嫌いなのか、すぐには食べにきません。手のひらの餌を持っていくと、食べ始めます。15粒くらい食べさせて後は、勝手に好きな時に食べてもらいます。

夕方残っている餌は、およそ10g。午後にチェックした便は、順調。問題なしです。

 

12日目 6/2

●今朝の餌の残りは、10g

75%CANAGANは、問題なしと判断。でも食いつきは、従来の餌のほうがいいような気が。最近は、計量中にいつも食べに来るのは、従来の餌です。今日100%CANAGANにして、食べなかったらという不安も正直ありますが、今朝の便のチェックでは、まったく問題なし。

切り替え開始から12日目です。いったん軟便になりかけはしましたが、その後問題ありません。迷いもありますが、今までゆっくり慎重に試してきたので、思い切って、今回はCANAGAN100%を給餌することにします。

●CANAGAN100%の30gを計量

foryou

foryou

画像が暗くて見えにくいですが、40gです。

●CANAGANの餌一色

foryou

foryou

お皿に用意しました。CANAGANの濃い茶色、1色の食事です。これから様子を見て、なにも問題なければ餌の切り替え100%完了ということになるでしょう。

今日の餌は、なんか黒っぽいね。

●夜中こっそり見たら「うなぎ」が食事中

foryou

foryou

晩に2回目のCANAGANフードは、少しずつ与えます。実は、朝のCANAGAN(40g)だけでは、食いつきが悪かったので、スプーン一杯のウエットフードを混ぜました。その後は少々面倒ですが、猫が一度に食べられる分量のCANAGANを与えて一度で完食させる。

数時間後にまた少量足すといった方法をとります。少しでもフードの香りが抜けないうちに食べてもらおうと思います。夜中音がしたので、こっそり覗くと「うなぎ」が食べていました。

13日6/3

●昨夜のCANAGAN100%は完食

foryou

foryou

CANAGANに100%に昨日切り替えてから、翌日の今朝ボールの中は空っぽでした。気になるのは便の状態です。朝がた、とても艶のいい健康な状態でみつかりました。問題ありません。

●今朝もCANAGAN100%少量

foryou

foryou

ということで、100%CANAGANのフード切り替え成功という結果に至りました。とはいえ、正直CANAGANだけでは、食いつきがいまひとつのときもあります。でもこれは、全てのドライフードにいえます。その場合は、少量の風味付けで、ウェットフードを混ぜるか手のひらにのせると食べます。

まとめ

切り替え中、初めはCANAGANをよく食べましたが、後半は従来の餌のほうが食いつきが若干良かったように思います。これは徐々に味に慣れていくものだと思います。それ以上に、お腹の調子が問題なく切り替えができたことが一番嬉しく安心しました。

人口的な着色料・防腐剤・酸化防止剤など無添加のうえ、穀物も不使用のCANAGANは、「うなぎ」と「みたらし」には、是非与えたいフードです。これからも、杓子定規に考えず、気楽に猫の様子を見ながら、与え続けていきます。

なにわともあれ、「うなぎ」と「みたらし」の胃腸さん、ご苦労様でした!

引用元:http://goo.gl/aiAFWm