キャットフードAAFCO (米国飼料検査官協会) とは?市販の商品は基準を満たしているの?

「AAFCO (米国飼料検査官協会)の基準をクリア」という文字をキャットフードのパッケージに記載されているのを見たことはありませんか?愛猫のフード選びに、この表示の有無を調べる飼い主さんも多くいます。日本で現在市販されているキャットフードと、AAFCO (米国飼料検査官協会)にはどのような関連があるのか、実際なにをしている協会なのか気になります。

AAFCO (米国飼料検査官協会)とは

正式名称は、【A】ssociation of【 A】merican 【F】eed 【C】ontrol 【O】fficial、直訳すればアメリカの飼料を管理する公的な協会といったところでしょうか。ペットフードの栄養基準やラベル表示などに関するガイドラインを作り提示をしており、この基準は世界的なスタンダードとして採用されています。

ぼーちゃん
日本のペットフード公正取引協議会の規約は、AAFCOの栄養基準に従っているんだよ。
foryou

foryou

誰が見ても、わかりやすく正確な情報を得ることができるように、ペットフードの栄養に関する厳しい基準を作成、ラベル表示や栄養基準についても統一の規定を設けています。

AAFCO基準の信ぴょう性

AAFCOの基準は、フードの良し悪しを判断するためのガイドラインになりますが、それぞれのキャットフードの認定や承認、合否判定はしません。ですから、良心的なキャットフードでAFFCOの基準を満たした場合は、「基準をクリア」「基準を満たす」「基準に適合」という表現になっており、認定や承認、合格という表記は不適切です。

ぼーちゃん
キャットフードのパッケージに認定や合格などの表示のあるキャットフードは、信頼できませんね。

総合栄養食の基準を明確にしたガイドラインですが、気になる点は、「基準を満たす栄養食」をメーカーに提唱するだけで、自らが商品化したフードを検査し取り締まる権限があるわけではないことです。ですが、アメリカではほとんどのペットフードの製造業者はAAFCOの基準に沿ったものを販売。さらに、フードの原材料や栄養基準値、成分表示、商品名の提示指導は、消費者にとって分かりやすく、信頼できるキャットフードを選ぶ基準になっています。その点から、AAFCO基準は必要なものといえるでしょう。

AAFCOの抜け穴

残念なことに、AAFCOは原料の品質については、細かく指定をしていません。そのため、フードに含まれる合成添加物、BHAなどの酸化防止剤の使用は、クリアとなります。より安全なキャットフードを求めるなら、AAFCOの基準値を満たすことを原則として、さらに成分表で添加物などが含まれていないかをチェックする必要があります。

日本のペットフード公正取引協議会

役割その1

引用元:http://goo.gl/9p9Nce

人間の食用になる牛や豚、鶏などの家畜には、「飼料安全法」という法律がありますが、ペットフードは食品ではなく「雑貨」という扱いとなっています。日本で生産されるペットフードに対しての、安全性・品質を規制する法律がないのが実情です。

唯一業界組織の「ペットフード公正取引協議会」が設立されています。この協議会は、原料や成分表など公正な表記を指導し、不当表示や悪質な販売などを監視しています。

ペットフードの必要事項として、1.犬か猫用かを明記2.総合栄養食おやつその他のいずれかの目的を明確にする、3.餌の与え方4.製造年月日・賞味期限5.内容量6.成分7.原料8.原産国そして9.事業主の名称と住所の表示が定められています。

役割その2

「食品衛生法」や「飼料安全法」に沿って、飼料添加物指定品目一覧食品添加物マニュアルを作成。さらに、欧米のペットフードの添加物規制に関するレポートを参考に、1200種類以上の添加物の使用制限を設けました。各メーカーに配布、注意を促しペットフードの安全性を高めようと務めています。

市販のキャットフードの基準は?

引用元:http://goo.gl/ewilXZ

AAFCOに関しては、100%完璧とはいえませんが、栄養素や成分表示に対する厳しい基準を設け、アメリカのペットフード業者の多くが、基準に従っています。これ以上の追及は難しいところで、あとは善意と責任感ある生産者の存在を原則としてすすめていくしかありません。

現在日本で市販されているキャットフードは、国産品から輸入品まで多種多様あります。海外のキャットフード、特に欧米からの輸入品は、AAFCOの基準クリアになっているものが多く見受けられます。

先にも述べましように、現在の日本では、必要事項の表記指導はありますが、アメリカなどのような厳しい規制がありません。国産のキャットフードは海外の商品に比べると基準が緩やかであるといえるでしょう。総合栄養食の基準に満たされていないフードがあっても、市販に出回ることができるのです。ただし、国産=粗悪という意味ではなく、表記も詳しく明記され原料にもこだわり無添加で良質の国産品もあります。

まとめ

AAFCOの基準については、正直賛否両論ありました。それは、法律的に取り締まる権限がないところや、添加物に関しての規制が緩いところです。しかし、ペットを飼う人たちの認識が高まり、フードに対する安全性についても認識が高まっている傾向にあります。

世の中のニーズに応え、安全性を考慮するメーカーも増え、信頼を受けられるフードを提供するための企業努力も感じられます。AAFCOに対する信頼性もさらに高まってくるのではないでしょうか。ペットフードの規制において、先進国に後れをとっている日本も、今後改善されていく可能性は大だと思います。