絶対に知っておきたい5つのこと。キャットフードの4Dミート危険性と種類 

4Dミートという言葉を聞いたことはありませんか?猫や犬のペットフードに使われている肉や魚類などの品質で問題になっている原材料です。具体的に4Dミートと呼ばれるものにはどのようなものがあるのか、その種類や危険性についてみてみましょう。

4Dミートとは

4つのDの意味

引用元:http://goo.gl/D7kABW

1・Dead・・・死んでしまった
2・Diseased・・・病気だった
3・Dying ・・・死にかけだった
4・Disabled・・・障害のあった(または、Destroyed・・・廃棄処分、安楽死などにされた)のDであるという解釈もあります)

4つのDの状態にあてはまる動物の肉を使った原料が4Dミートと呼ばれ、アメリカでは、肉のランク付けで、食品として不適格な肉類であるとされています。最低ランクの肉の処分のため、ペットフードに使うようになったといわれています。

4Dミートの疑いがある原料

キャットフードのパッケージにある原材料・成分表を見てください。家禽ミール・ミートミールなど「ミール」という表記を目にすることはありませんか?チキンミールやサーモンミールなどは、原材料名がついているので比較的安心ですが、何の肉が使われているのか分からない表記の場合、4Dの可能性が高くなります。そのほかにも、肉の副産物や家禽副産物という表示もあります。

またチキンパウダー・ビーフパウダー・ポークパウダーなど「パウダー」という文字、○○エキスなどは、品質の低下性が疑われます。規制がゆるい国産のもので、価格が安いキャットフードではそのような表示が多く、あまり良い品質ではないといえるでしょう。

ミールの種類

引用元:http://www.het-vervolg.net/entry2.html

ミート(ボール)ミール

原材料が不明で、肉を細かくしたものということ以外は分かりません。4Dミートの可能性が高いと考えられます。肉の質だけではなく、食べる必要のない爪などの部分までも使われている場合も。

家禽ミール

鶏やアヒルなど鳥類の肉をすりつぶしたもので、4Dミートの可能性があります。中には、食事として適切ではないくちばしや内臓、爪や羽まで粉砕し混ぜているものもあるとか。

フィッシュミール

魚を細かくしたものですが、魚の種類が明記されていません。4Dミートが疑われます。

ぼーちゃん
安いキャットフードに使われていることが多いよ。

4Dミートなど粗悪なフードの危険性

引用元:http://goo.gl/4Cj3ko

4Dミートは、通常「ミール」として表記されますが、単に4つのDを表す動物の肉だけでなく、骨や羽根,くちばしの他、内臓に残った糞も混ざっている可能性があります。

品質の悪いキャットフードを与え続けると、毛並みが悪く艶がなくなるアレルギー口臭や便臭がひどくなる、さらに栄養失調でやせ細り腎臓病などの病気にかかりやすくなってしまう危険性が高くなります。

4Dミートが使われる可能性

引用元:http://goo.gl/lt9BEb

肉として最低ランクの4Dミートの使用は、猫の体に良くないといわれていますが、日本で流通しているペットフードで、どれだけの数が出回っているのでしょうか?現在の日本には、ペットフードに関する規制が、欧米諸国に比べるとゆるく、原材料に対して実際にペットフードの調査はなされていない状態のようです。

曖昧な表記が許されている以上、本当に安全なキャットフードを選ぶことの難しさを感じませんか?成分のほかに、価格やAFFORD(米国の飼料検査官協会)の基準をクリアになっている商品を、信頼できるキャットフード選びの目安にしている飼い主さんも多くいます。

最近は、ネットでのホームページを訪問し公式サイトで詳しい情報を調べることができます。成分など詳細を明らかにしているメーカーのものは、比較的信頼できる商品だといえるでしょう。

まとめ

すべての「ミール」が4Dミートであるということでは、もちろんありません。ただその可能性がある以上、表記が曖昧で原料が分からないものは危険性があると考えらざるを得ません。安いキャットフードの需要がある限り、コストを削減するために低品質の材料を使わざるを得ないという企業側の現状もあります。

また、飼育放棄猫の保護には経費もかかります。生かすための食事が優先になる場合、安価なものは助けになるでしょう。単にキャットフードの安全性だけではなく、飼い主として猫を飼う責任も関連しているようです。

もし、あなたが猫ちゃんに安全性の高いキャットフードを与えたいと思っているなら。

安価なキャットフードが悪い。
と決めてつけているわけではありません。
現在使用している、キャットフードもしっかりと調べないと危険なキャットフードなのかという判断は出来ません。
ですが、少なからず安価なキャットフードには、それなりの代償があるということは頭の片隅に入れておいてください。

もし、あなたが猫ちゃんを家族の一員、子供のように大事にしているならこれからキャットフードのことを考えましょう。
実の子供に、安いからという理由でインスタントの食品やファーストフードばかり食べさせますか?
私は、絶対にそのようなことはしません。
愛猫を我が子のように扱っているからこそ、少し高くても
「健康で長生きしてくれれば」
「病気で苦しまなければ」
と考えています。

私がおすすめするのは、お試し500円で利用できるキャットフードです。



賞味期限が短く、キャットフードなのに、「冷蔵庫」で保存しなければならないキャットフードとなります。
これだけ、安全性が高く、お試し500円のキャットフードはありません。

品質、素材にこだわっているからこそ、「冷蔵庫」での保存となります。

また、初回は500円で1KGのキャットフードが手元に届きます。
自信があるからこそできるキャンペーンであるのは間違いありません。

最初から高額なキャットフードには抵抗が有る方もいることでしょう。
キャンペーンですので、数に限りがあります。

少しでも愛猫ちゃんのことを考えているのであれば、是非お試しください。。。

PS

上記のキャットフードは人気過ぎて、入荷待ちになっているケースが多いです。

その場合は、こちらのキャットフードがおすすめです。



おそらく、多くの方が見たことのあるキャットフードでしょう。

カナガンはグレインフリーで有名なNO1キャットフードです。

私は、最初にファインペッツのキャットフードを利用していましたが、
最近はグレインフリーである、カナガンキャットフードに乗り換えました。

是非、利用してみてください。