オシキャットの5つの意外な性格や6つの特徴

ヤマネコに似ているといわれるオシキャットの性格は外見の特徴のとおり野性的なのでしょうか?美しいヒョウ柄模様で人気ですが、まだ日本ではあまり普及していません。オシキャットの飼い主さんはもちろん、「飼ってみたい」と考えている方も、参考にしていただきたい情報をまとめてみました。

オシキャットの歴史

オシキャットは、1964 年のアメリカの女性ブリーダー、ヴァージニア・ダリーによって誕生。アビシニアンとシャムを交配させアビシニアン模様を持ったシャムネコを作りたいというのが理由。2世の交配後アビシニアン模様の他に現在のオシキャットの起源になった斑点模様(スポット)の子猫も生まれたのです。

●アビシニアン

引用元:http://tetoan.com/cat-picture/abyssinian/

●シャム猫

引用元:http://blog.goo.ne.jp/iku-kgw/e/09daebb2cf9151302a5b57d9040d37d3

さらにくっきりとした斑点模様を作り出すために、シルバータビーのアメリカンショートヘアとも交配。体格もがっしり型に改良、1965年にCFAに登録されました。オシキャットの由来は、アメリカのテキサスから北アルゼンチンに生息する斑点のあるヤマネコ「オセロット」(Ocelot)から来ています。

●アメリカンショートヘア

引用元:http://nyanpedia.com/americanshorthair/

ヤマネコ

引用元:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52012412.html

ぼーちゃん
クラシックタビーと呼ばれる縞模様をもつものは、ニュージーランドなど一部の国ではジャンガラやクラシキャットという名で公認されています。

目的別!おすすめキャットフードの選び方

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~
アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別
アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

主な6つの特徴

野性的な容姿

引用元:http://koty-swiata.blogspot.jp/2010/06/kody-ems-rasy-czesc-iii.html

スポットと呼ばれるヒョウ柄が特徴のボディ。がっしりとした筋肉質で野性的な印象を与えます。サイズは中型からやや大型のセミフォーリンタイプ。頭はゆるやかなクサビ型で、あごは細く耳と目は大きめです。長いシッポは真っすぐ伸び先端が黒くなっています。

オシキャットのスポット模様は、アメリカンショートヘアのようなクラシックタビー模様が変形したものだといわれています。

艶やかな色の短毛種

引用元:http://animalus.blog.pl/2014/02/12/hybrydy-ktore-zastapia-ci-dzikie-zwierze/

引用元:http://www.cosmicspots.com/Space_ocicat_coat_colors.htm

毛は短く光沢がありサテンのような手触り、とても細く柔らかいです。ティッキングされており、首の周りと尾の濃いラインが途切れてスポットになっている代表的な毛色のブラウンスポット(タウニー)やチョコレート、シナモン、ブルー、ラベンダー、フォーンとこれらのシルバー、エボニーシルバーの組み合わせで全12色が公認されています

斑点は交配により人工的に生み出されたもので、ボディ全体に入っています。

ブルー以外の目の色

引用元:http://www.neko-kurashi.com/category2/entry10.html

アーモンド形の目できりっとした顔だち。目の色は、ゴールド、イエロー、グリーン、ヘーゼル、オレンジ、カッパー(銅色)など青以外のすべての色がオシキャットとして認定されています。

体のタイプ

●エジプシャンマウ

引用元:http://www.konekono-heya.com/syurui/egyptian_mau.html

●トンキニーズ

引用元:http://www.nekohouse.jp/cats/cats_ta_02.html

●アメリカンカール

引用元:http://photozou.jp/photo/show/248676/38950551

●デボンレックス

引用元:http://www.neko-kurashi.com/category2/entry30.html

大柄でがっしりとしており、セミフォーリンタイプ。比較的スレンダーなフォーリンタイプより四肢が短く、肉つきが良いのがこのタイプの特徴です。このタイプは、ほかにもエジプシャンマウ、トンキニーズ、アメリカンカール、デボンレックスなどの猫種がいます。

オシキャットは平均体重

http://ogloszenia.elbi.pl/announcements/show/4280/rasowy-kot-ocicat

体重は平均的な猫と同じく、オスは5~7kg、メスは3~5.5㎏です。直系の祖先であるアビシニアン、シャム猫・アメリカンショートヘアの血を引いているので、サイズもそれ以上になるという事はなさそうです。

平均寿命

オシキャットと暮らせる期間が気になります。平均寿命は何歳なのでしょうか?オシキャットの寿命は10年から16年くらいといわれています。一般的には猫の寿命は15年です。平均またはやや短めのようです。病気を予防するためにも、日頃から体調を管理と定期的に健診が健康維持のポイントです。

オシキャットの性格を理解し、ストレスのない環境を作ることも健康の秘訣ですね。

外見からは意外な5つの性格

甘えん坊な平和主義

引用元:http://www.nyanderful.biz/dictionary/ocicat.html

野性的な容姿ですが、性格は、家庭的でとても甘えん坊。人見知りが少なく穏やかな性格は、ほかのペットや子供とも仲良く生活します。飼い主のそばを離れないでくっついているということも。その分寂しがりやなところがあるので、長時間の留守番は避けたほうがいいでしょう。

気持ちをくみ取る優しさ

オシキャットは、とても優しい性格の持ち主。人間の心の動きを敏感に感じとる繊細さもあります。一緒に暮らしても気心が知れ良きパートナーになれそうです。

運動が大好き遊び相手に

引用元:http://ocineco.blogspot.jp/2015/03/ocicat.koneko3month.html

運動が大好きな猫です。猫の一般的な性格でもあるマイペースなお澄まし雰囲気を出すことは少ないようです。人と一緒にいて遊んでもらうのが大好きです。おもちゃなどを使って、普段からたくさん相手をしてあげてくださいね。

犬のような性格で頭がいい

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=8F1sr2Kz1HM

とても頭がよく、犬のように教えると芸を覚えるとことも。訓練次第で、名前を呼ぶと返事をしたり、投げたボールをフェッチしたり、ハーネスをつけて一緒に散歩するオシキャットもいます。また水を怖がらない猫もいるそうで驚きですね。このような特徴から、オシキャットは「犬の魂が猫の体に入っている」ともいわれています。

人懐っこくて人間好き

引用元:http://ocineco.blogspot.jp/2015/05/ocicat.kitten.window.html

ヤマネコのようなイメージですが、人懐こくて社交的です。コミュニケーション不足による孤独や退屈は、オシキャットには禁物。飼い主が十分にかまってあげないとストレスを感じ問題行動を起こしたり、病気の原因にもなります。毎日遊んであげ充分に愛情を与えてあげることができる飼い主が飼育に適しています。

まとめ

ヤマネコのようなワイルドな容姿とは違い、100%人間の手で作り出された猫オシキャット。犬のような性格で、見知らぬ人にも人懐っこく、撫でて欲しいと訴えるほど甘えん坊です。猫の中でも非常に飼いやすい種類といわれているので、性格や特徴を知ることで初心者の飼い主さんにも向いています。

目的別!おすすめキャットフードの選び方

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~
アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別
アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック