ブリティッシュショートヘアの4つ性格と特徴、知っておきたいこと

性格や特徴、飼い方のコツを知って、もっとブリティッシュショートヘアの魅力を感じてください。全体的に丸みのある体型とロシアンブルーのような毛並みが人気のブリティッシュショートヘア。初心者の飼い主さんにとっても人気の高い猫種です。

ブリティッシュショートヘアの由来

およそ2000年前、古代ローマ帝国がイギリスを襲撃のために進出した際に、ネズミなどの害虫を駆除するために連れて行った猫がブリティッシュショートヘアーの起源だとか。本格的な改良が始まったのは、1870年代。イギリスのブリーダーが土着猫に色々な種と交配を重ねた結果、1900年代に現在のブリティッシュショートヘアの原型が誕生しました。

猫種としての公認の歴史は、イギリスで1890年代に、アメリカではCFAで1980年代に正式に受け入れられました。当時は、ペルシャ猫などの長毛種と交配され、長毛の子猫も誕生。しかし現在ではペルシャとの交配は停止、ブリティッシュショートヘアといえば短毛種が主流になっています。

遺伝子的に組み込まれているので、まれに長毛種が生まれますが、その場合イギリスではペルシャ猫として分類。アメリカでは、2009年に血統登録団体TICAがブリティッシュロングヘア―として公認しました。

ぼーちゃん
古い歴史を持つ猫ですが、1620年頃にイギリスから移民と共にメイフラワー号に乗ってアメリカへ渡ったブリティッシュショートヘアが、アメリカン・ショートヘアのルーツだともいわれています。

目的別!おすすめキャットフードの選び方

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~
アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別
アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

主な4つの性格

穏やかでのんびり屋

引用元:http://www.neko-kurashi.com/category2/entry12.html

静かで、じっとしている姿がぬいぐるみのようだともいわれる猫。その印象と同じく、穏やかでのんびり。おとなしい性格です。運動が嫌いというわけではなく、飼い主と一緒に遊ぶのも好きです。ですが、構わなければ自分で勝手に遊ぶので手間がかからないところは、一人暮らしの人にも向いているようです。

控えめで我慢強い

本来ネズミを捕まえるために働いていたので、たくましい性格を持ち合わせています。控えめで我慢強く鳴き声も小さめ。その様子から、気高さと自立心の強さを感じます。

騒々しいところは苦手

頭が良く、過ごしやすい場所を自分で探して落ち着くので、飼い主の手をあまり煩わすことがありません。声も小さいのでマンションでの近隣への迷惑を気にすることもなく、飼いやすいのが人気の理由。静かなところを好むので、あまり騒がしいのは苦手、気を付けてあげてくださいね。

クールと寂しがり屋の2面性

引用元:http://matome.naver.jp/odai/2139171332839268401/2139181545592485203

一人遊びやあまり手間をかけないといった独立心が強い反面、実は寂しがり屋のところも。普段はクールで留守番も上手にするブリティッシュショートヘアが、たまに飼い主にすり寄って甘えてくるツンデレ感が、多くの愛猫家を惹きつけるポイントです。

主な体の特徴

まるびを帯びた体格

引用元:http://ilove.cat/ja/2833

ずんぐりむっくりの体格ですが、実はたくましい筋肉質。頬からあご周辺はふくよかで、全体的に丸みをおぼた顔だちが愛らしい猫です。目の形も丸くて大きく、若干離れ気味。ゴールド、オレンジ、コッパー(銅色)が主な目の色です。また、足は短めで骨太、尻尾は体長の2/3くらいで先っぽが丸くなっているのが特徴。

被毛

短毛種(長毛種はブリティッシュロングヘア―に分類)。毛の密度が濃く、ビロードような厚みがあります。手触りはやや硬め。

毛色

代表的な毛色であるブリティッシュブルーは、愛猫家の中でも高い人気を占めています。定番のブルー以外にも、現在はさまざまな色が誕生。

毛色1:定番のブルー

引用元:http://www.konekono-heya.com/syurui/britishshorthair.html

ロシアンブルーの毛色を思い出してください。綺麗な青みがかったグレーですが、これがブルーと呼ばれる色です。ブリティッシュショートヘアも、このブルー、同じ色です。

そのため、ロシアンブルーとよく似ていて、間違える人もいます。違いは体型、ロシアンはすらっとした容姿ですが、ブリティッシュショートヘアは、全体的にずんぐりとした骨太。この違いで見分けがつきます。

毛色2:ホワイト

引用元:https://goo.gl/YbhIi0

全身が真っ白な毛色。ブリティッシュショートヘアにしては珍しい色なので、店頭ではあまり見かけることはありません。

毛色3:ブラック

引用元:http://goo.gl/q1JyR6

真っ黒な毛並み。こちらもペットショップでの入手は難しく、希少な色です。

ブリティッシュショートヘアーの一般的な大きさ

1980年代まではブリティッシュショートヘアは大型の部類でしたが、現在は中型が主流に。猫の平均体重はおよそ4kgです。ブリティッシュショートヘアの平均体重は、オスが4.5kg~6.4kg、メスで3.4kg~5.5kg、ほぼ平均体重に近いあたり、平均的な大きさです。

飼い方の注意点

高カロリー高たんぱく質の食事

引用元:http://www.ashokastore.org/

骨太で筋肉質の体格維持に、高カロリーで高タンパクのバランス良い食事を与えましょう。子猫のころは活発に動き回りますが、成猫になると落ち着き運動量も減ってきます。筋肉質の体型が動かなくなると少し太りやすい体質になりがちです。

猫の関節炎の原因の90%は肥満が原因だとか。また拡大型心筋症や尿路結石も気を付けないといけない猫の病気です。運動量に合わせて、食事の量の調整や、適量で十分の栄養が摂れる良質のキャッとフードを選び食事の管理を心がけましょう。

運動できるスペースを設ける

引用元:http://goo.gl/RVJsYG

ネズミの捕獲をするために改良を繰り返されたブリティッシュショートヘア。ハンターの遺伝子が受け継がれてきた猫で運動好きです。運動できるスペースがないと太りやすくなるので注意しましょう。特に子猫の場合は、運動量が活発です。

一緒に遊ぶときは、十分に相手をしてあげましょう。見かけと違い身体能力もあるのでよく動き回ります。1人遊びも上手なのでキャットタワーを設置するなど工夫をすることで運動不足を防げます。

遊びも好きですが、寝るのも大好きなのは、一般の猫と同じ。静かな環境を好むので、寝ているときはそっとしてあげましょう。

毛並みのお手入れ方法

ブラッシングケアは猫の健康管理に大切な習慣です。ブリティッシュショートヘアももちろん必須ですが、短毛種なので、換毛期は、1日1回程度、抜け毛が少ない時期は、週2~3回のブラッシングでも大丈夫。毛は密生していますが、それほど普段は抜け毛が多くありません。

まとめ

物静かだけど、決してクールだけじゃない。甘えん坊な面もあるギャップが、ブリティッシュショートヘアの飼い主さんにはたまらない可愛さになっているようです。性格も穏やかで、一人遊びも上手なので、初めて猫を飼いたいという方にも向いていると思います。

上手に付き合うコツは、飼い主さんの大きな愛情がベース。ペットが一番求めているものですよね。愛さえあればなんでも乗り越えていけるはず。家族の一員であるブリティッシュショートヘアと飼い主さんのハッピライフが長く続きますように。

目的別!おすすめキャットフードの選び方

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~
アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別
アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック