猫のシャンプーの頻度は?5つの知っておきたいこと

あなたのお家の猫は、お外へ出ますか?それともお家の中だけで飼っていますか。猫を飼っている人だって。「ウチの猫もシャンプーしたいなぁー」と思う時がありますよね。そんな時は、どうしていますか?猫を洗ってくれるペットショップなどはあまりないですね。お家で猫のシャンプーをする時はどうしたら良いのか飼い主さんとご一緒に考えてゆきたいと想います。

飼い猫にシャンプーは必要なの?

猫にシャンプーは、必要か必要でないかと言われますと、特に「猫には必要ではありません。」お家の中だけの子は特に汚れる心配などはないのですが、やはりずっとシャンプーをしないのは、少し考えてしまいます。ましてや外に出ている猫などがいるお家には、猫がお外でゴロゴロしていたり、また泥だらけの足で、そのままお家へと上られるのはと困ってしまうことでしょう。それを気になって嫌だなと、想っている飼い主さんもいらっしゃるかと想います。その時は、シャンプーをしたほうがいいのかと考えます。

お家の中だけで飼う猫のシャンプー

お家の中だけで飼っている猫は、殆ど汚れる事はありません。それでも、猫の独特な匂いが気になる子もいたりしますね。その様な時の猫のシャンプーは、年一度か二度くらいのシャンプーで良いと考えてください。猫にとて、シャンプーをするにあたっては とてもストレスになるものです。お風呂好きな猫あまりいませんよね。それ程、猫が汚れていないのならシャンプーの必要はありません。

手足などを、濡れたタオルで拭いてあげるくらいで大丈夫です。それを月一度くらいしてしてあげてください。その時に、絞ったタオルで体全体を拭いてあげることが有効ですね。
 あまり力をいれずに、ゆっくりと優しく猫が、気持いいと思う様に拭いてあげてください。顔などは猫が嫌がりますから、ゴシゴシふかないであげてください。
かならず 猫用のシャンプーで洗ってあげてください。

お外へ出ている猫のシャンプー

お外へ出している猫の場合などには、お家の中でだけ飼う猫とは少し違います。もう一回くらい足した数の、年3回くらいと考えてください。やはり同じ様にまず、気になる手足などを、濡れたタオルで拭いてあげることを、月一度はしてください。体全体を優しく撫でるように拭いてあげると猫が喜びます。拭いてあげることが、汚れ予防にも繋がります。
IMG_8481

猫をシャンプーする時期と頻度は?

これは 両方の猫に言えることなのですが。あまり寒くない時期にシャンプーしてあげてください。4月頃や5月くらいの、春が来て暖かさを感じる初夏に一回。この時期は季節の変わり目です、ノミが発生する時期でもあります。シャンプーをすることで、ノミ予防など、猫の体にノミが居るのかな?などの確認でもすることが出来ます。またシャンプーをすることで皮膚炎などの予防にもなります。冬になる前の秋の時期も シャンプーをする時期に適しています。その頃に一度と考えてください。
*そして春の時期はかならずノミの予防もしてください。

お家の中だけで飼う猫のシャンプーの頻度

さきほども書きましたが お家の中だけの猫は、あまり汚れる事はありません。年一、二回で大丈夫です。春に一度、また 秋に一度、寒くなる前の暖かい時期にシャンプーしてあげることをお勧めします。

真夏は、お湯などで猫がのぼぜてしまうことを、考えるとやめておいた方が良いと考えます。またクーラーなども効いているお部屋ですと逆に猫が冷えてしまうこともあります。それで猫の体調が悪くなることも考えられます。
季節の寒さや、暑さのことを少し考えてあげてシャンプーをしてください。

お外へ出ている猫シャンプーの頻度

飼い主さんの考えにもよりますが、。飼い主さんは、洗いたいところを、少し我慢して、年3回くらい。やはり春と初夏そして秋頃と言う様に考えてみてください。。寒い冬の時期は猫が体調を崩し兼ねますので控えて頂いた方が良いと想います。やはり月に一度には、濡れタオルで手足や体を拭いてあげることをお勧めします。それだけでも十分に綺麗になります。

シャンプーした後の乾かし方

猫もしっかり乾かしてあげないといけませんね。シャンプーした後の猫をバスタオルやミニタオルなどで、やさしく拭いてあげてください。その後のドライヤーをかける時は猫の体に自分の手をそえながら、風が熱すぎないことを確認しながらドライヤーをかけてください。

どうしても ドライヤーを嫌がる猫には

この場合は ドライタオルなどを使って念入りにふいてあげてください。猫の毛には脂があります。その為にドライタオルなどで拭くだけでも少しづつですが ちゃんと乾いてくれます。

シャンプーとノミの薬どっちが先なの?

これも大切なことなのですが、シャンプーをしてから、短くて4日から一週間くらい空けた後に、お薬つけてあげてください。シャンプーしたばかりの皮膚は弱くなっていることがります。少ししてからお薬を使うことをお勧めします。また、ノミのお薬をつけた後にシャンプーする場合なども、やはり2.3日空けてからにしてください。お薬をつけてすぐですと薬の効かが十分発揮できません。

まとめ

猫のシャンプーは、人間の様に毎日洗ってしまいますと猫の毛の脂がなくなってしまったり、皮膚が乾燥してしまったりと、あまり良いことはありません。もともと「猫にはシャンプーは必要がないものなのです」から。日頃からブラッシングをしてあげて、手足や体を拭いてあげるくらいで大丈夫なのだと考えてください。どうしても気になる方などは、猫を室内飼いにすると、その心配も薄れますよね。猫と人間が、お互いにストレスのない様に、上手に共存できる様に考えるもことも飼い主さんのお仕事です。コミュニケーションの為にも、猫とのスキンシップするようにお手入れしてあげてください。。これでちょっとした汚れも落とす事ができます。どうぞ楽しい猫ライフをお楽しみください。