猫のトイレおすすめ厳選4種類!コスパと使い勝手の良い商品

子猫を飼いました。かわいい嬉しいと。ハシャギますが、猫と一緒に暮らしてゆくには、猫にもルールを守って貰わないといけません。その一つの中に、猫のトイレがあります。どんなモノがあるのか。どんなトイレが、使いやすいかを考えてゆきましょう。

猫のトイレについて

猫はとても綺麗好きです。汚かったりする場所では、嫌がります。またお部屋の中に置くモノにもなりますので、飼い主さんも気に入ったデザインなどが良いかと想います。今では沢山の種類が出てきましたね。まず考えて欲しいのは、トイレを使うの猫のことですね。猫に気に入って貰わないと、その場所でトイレを、して使って貰えないかもしれません。

猫のトイレに必ず必要なもの、大切なこと

猫の砂、猫用のトイレ 猫の体型に合った形を選ぶこと 子猫、成猫になった時のトイレの選択

猫トイレ普通のオープン型

ある程度、昔からある、猫のトイレの形になります。今は猫のオープン仕様のトイレなどは、とても機能的に作られています。猫が、砂を掻いても飛ばないように。後ろや脇を高く設定してあるものが多いです。この場合、猫のトイレの外へ砂が、飛び出してしまうことを防いてくれるのです。比較的、よくあるトイレになります。手に入れやすい、求めやすい。どこにでも置いてある猫のトイレになります。このトイレの良いところは、オープンなので、背の高い猫も大丈夫です。左右、後ろの高い分、猫の入り口は、低く出来ているので、入りやすくなっています。飼い主さんいは、洗いやすくお掃除がしやすいタイプと言えます。

システム型猫のトイレ、オープンタイプ

(清潔トイレ)
比較的新しいタイプの猫用のトイレです。このシステムトイレの特徴は、一番下にシートを引き、その上はトレーがあります。トレーの上に、専用のチップを置いて使うタイプのトイレになります。
一種間くらいは、臭わないです。そして汚れにくい、とても便利なトイレです。毎回お掃除をしなくて大丈夫なのは、そのトレーの場所とチップで受け止め、水分などは下のシートへという仕組みです。やはり綺麗に保つためには、シートは、比較的早めに取り替えてあげてください。
img_main2
引き用.http://www.kao.co.jp/nyantomo/lineup/open.html

猫のドーム型トイレ(清潔トイレ)

このトイレは、猫というより、少し飼い主側に立った、作りになっているかと想います。猫も見えない場所で、ゆっくりトイレに入れるとことを考えると、良いトイレだと言えます。狭い場所が、好きな猫にとって、嬉しいかもしれませんね。これなら砂の飛び散りなども防げます。ドーム型なので、洗う時などは少し手間がかかるかもしれませんね。
img_main1-1
引き用.http://www.kao.co.jp/nyantomo/lineup/dome.html

猫用スイーパーシステムトイレ

この商品は、毛の長い猫や尻尾の長い子または 大きな体の猫にお勧めです。形も可愛らしい感じです。なによりビックサイズなところが、とても良いですね。多頭飼いなどにも使えることもあります。
スクリーンショット 2016-05-19 14.21.31
引き用.http://www.peppynet.com/cats/shop/shop.php?id=280121

システム型のトイレの良いところ

猫がもしも病気になったり、検査の為に、採尿が必要な時などは一番下のマットを外しておくことで、採尿を簡単に済ませることができます。そこはとても便利です。猫の採尿するのはとても大変です。下のシートの尿の確認も目で擦ることが出来きます。また飼い主さんが、お掃除する時はなどにも、確認が出来ますね。

子猫やゲージに使う時には

子猫や、ゲージの中に入れたい時のトイレなどは、やはりコンパクトな作りが必要ですね。子猫などは、あまり大きなモノだと怖がっしまったり 入り口が、高くて使用できない、場合もあります。よく気をつけてあげてください。
img_main1

まとめ

一番は猫が好きと言うモノを使ってあげてください。気をつけることは、いつでも清潔にしてあげることです 猫はトイレをしっかり覚えることが出来る、動物です。一度決めたら、その場所をちゃんと覚えてくれます。。粗相などしてしまった時などは、トイレが汚れていなかったか?トイレの近くに、猫の嫌いなモノが置いてなかったか?猫が安心できる場所にトイレが置いてあるか、などを必ず。確かめてみてください。そうなると猫も、安心して気持よく、トイレを使ってくれると想います。猫も飼い主さんも、気持の良い、猫ライフを、楽しく過ごせるようにしましょうね。