猫のシャンプーの種類と5つのおすすめ商品ランキング

「猫にはシャンプーは必要ありません」と言いますが、やはりどうしても 猫が汚れてしまっていて今日は洗ってあげないと困ってしまうという時は、頑張ってお家で猫をシャンプーで洗ってあげてください。この時の順番や洗うコツなどのお教えします。

猫シャンプーする前の準備

猫のブラッシングを洗う前にしてあげましょう。余分な猫の毛を先に取っておくと洗いやすくなります。特に毛の長い猫は ブラッシングがとても必要です。猫の爪を切ってあげることも忘れずにすると良いでしょう。お風呂で洗っている時に飼い主さんを間違って引っ掻いてしまうこともあるからです。。

猫のシャンプーの方法とコツ

どんな感じでシャンプーを使えば良いのか、初めてのシャンプーをする時の順番などを知っておくと便利です。

お湯の温度は

あまり高くない37度くらいの温めにしましょう。お家のシャワーを猫が怖がらないように少し弱めに掛けてゆきます。シャワーのヘドをを体に近づけておくと。余計な場所にお湯がかからず猫も安心します。

シャワーお湯の使う時の強さ

あまり強い水圧ですと、猫もびっくりしてしまいます。気をつけてください。シャワーを使う時に、絶対に猫の耳に水が入らないように気をつけてください。

シャンプーをする

体全体をお湯ですすいだ後に シャンプーを使い洗ってあけてください。シャンプーが冷たいとびっくりしてしまう子もいます。お湯でシャンプーを溶いてからつけてあげてください

どこから洗うの?洗う順番

背中、首、お腹、お尻、足という様な順番で大丈夫です。 その時のコツですが、首までならシャワーを掛けても大丈夫です。顔などは、やさしく手で少しづつお湯で濡らす様に、洗ってあげてください。

よく洗う場所はどこ?

お尻や足と足の裏などは、汚れる場所です。念入りに飼い主さんの手のひらで揉む様に洗ってあげてください。洗う時にも全身を少しブラッシングをしてあげると良いと想います。
*ノミなどがいないかチェックしましょう。ノミはお湯で気絶してる状態だと想います。ノミを洗い流しておきましょう。

シャワーを怖がる猫には

シャワーが怖い..この様な猫は、すこしづつ首の方から、手でお湯をかける様にしてあげてください。順番はシャワーで洗う時と同じ様に、その時は桶にお湯を溜めておき、お風呂の蛇口からお湯をすぐ出せる様にしておくと便利ですね。
「大丈夫だよ」とゆっくり声を掛けながらお湯を掛けてあけてください。

猫のシャンプーをすすぎく時に気をつけること

シャンプーの泡などの洗い残しがない様に必ず気をつけてあげてください。猫は洗われた体を、舐めて自分で乾かそうとします。その時に泡などを舐めたりしないようにしてあげてください。お腹や足の見えない場所の泡の洗い残しも忘れない様にしましょう。絶対に無理やり顔などから水をかけない様にしましょう。猫がびっくりしないように優しくしてください。

シャンプーの後に猫を拭く時と乾かす時のコツ

猫のシャンプーが終わったら すぐに拭く事が出来るように バスタオル一枚 ハンドタオルを二、三枚用意してください。まずバスタオルで猫を包み込んで拭く顔。耳などはドライヤーを掛ける事が無理なのです。ハンドタオルで、ささっと拭いてあげてください。尻尾も嫌がりますので同様にささっと拭く。猫はタオルで拭いているうちからどんどん毛が乾いてゆきますが。お腹や足の付け根などはなかなか乾いてはくれません。よく乾かしてください。

ドライヤーを使う

猫はタオルで拭いているうちからどんどん毛が乾いてゆきます。お腹や足の付け根などはなかなか乾いてはくれません。ドライヤーなどでよく乾かしてください。ドライヤーを使う時は 飼い主さんの手を猫に当てながら、ドライヤーの風が熱くないか確かめるように使ってあげてください。上下左右にドライヤーを動かすと、一つの場所に風が当たらないのでいいです。たまに、冷たい風に変えてあげると良いですね。

猫のシャンプーってどんなのが良いの?

猫にも猫用のシャンプーがちゃんとあります。猫を洗う時は必ず 猫用のモノを使ってあげてください。くれぐれも人間用のシャンプーは使わないでください。匂いも強いですし、猫には刺激が強すぎます。色々な猫用のシャンプーは今はあると想います。シャンプーとリンスなどもありますが、シャンプーだけでも構わないと想います。お家で猫の汚れが気になるような簡単なシャンプーなどは、ペットショップでお買い求めになるのが一番です。自分のお家の猫にあったシャンプーを選ぶことができます。いつも猫を連れていっている動物病院でもシャンプーは置いてあります。ノミなどに効くシャンプーこちらは ちゃんと病院で処方してくださいます。出来ればあまり匂いの強いもは避けるよにするといいですね。少しだけですが ご紹介いたします。

ナチュラルなアルガンオイルを使ったシャンプー

(原産国:フランス) BIOGANCE、このシャンプーこちらなどは 短い毛の猫も長い毛の猫にも使用できます。保湿などに気をつけたい時にいいですよ。
l_ca564

ヘキソケア シルバーシャンプー /皮膚_犬猫ケア

アトピーや皮膚の弱い猫にも良いシャンプーです。少しお値段は良いですが ドイツは猫などにとても優しい国です。安心して使うことができます。
スクリーンショット 2016-05-11 1.02.10のコピー

ニチドウ ミラクルコート キャット

ミンクオイル、アボガドオイル等の配合で被毛に栄養を与え美しい光沢のある被毛に仕上げます。
chanet_86796-1

ゾイック キャッツシャンプー

低刺激アミノ酸系ベースのマイルドな泡が皮膚、被毛をいたわる優しいシャンプーです。
31NTJJRNR5L

ゾイック のみとりシャンプー

動物用医薬部外品
スクリーンショット 2016-05-11 22.19.13のコピー

まとめ

猫へのシャンプーのやりかたですが ちょっとしたコツで、猫に怖い想いや。嫌な想いさせないであげられますね。シャンプーする前の準備などを忘れずに、洗ってあげることです。それと 嫌がることは無理にしないのがベストです。
猫のシャンプーなどは ペットショップへゆくことで、良いものが選べると思います。ご自分の猫に合った商品を使ってあげてくださいね。もし猫が汚れてしまって困った時に猫シャンプーがない時などは 絶対にしてはいけないことは、人間のシャンプーで洗わないことです。そこも気をつけてくださいね。 刺激の強いシャンプーで猫の皮膚が、かわいそうなことになってしまったら、飼い主さんの嫌ですものね。
香りの強いシャンプーも使わないようにしますね。人間には、良い香りでも猫は そう想わないと想います。お家で洗う時はなどは、どうぞ気をつけてあげてください。

*どうしても シャンプーを嫌がる 猫への対処としては やはり濡れたタオルで拭いてあげるのが一番です。猫は綺麗好きな動物です。自分で毛づくろいすることが出来ます。この方法で お年を召した猫や 病気の子も拭いてあげることをお勧めいたします。
注意 近頃、重曹で猫や犬を体を拭くという様なことがネットで流れていますが。これは絶対に使わないでください。重曹は、「炭酸水素ナトリウム」です。皮膚に使うと皮膚が溶けてしまいます。ご注意ください。