獣医師直伝!猫の甘える11個の仕草と種類で分かる猫の気持ち、接し方と信頼関係は?

マイペースな愛猫を見てると、時々なにを考えているのかな?と思うことありませんか?甘えてくると、信頼されているのだと嬉しくなるものです、マイペースで自立心があるといわれる猫は、一般的に甘えが苦手なのでしょうか?猫の仕草から、甘えている時はどのような状態かを見てみましょう。

はな
猫ちゃんが甘えてくるのはものすごく可愛い!
まっちゃ
時々甘えるにゃー

猫は感情表現を仕草で表す

猫は言葉を話せません。いつも澄ましているように見えます。感情表現が乏しいのでしょうか?いえいえ、猫は、色々な仕草で飼い主に気持ちを伝えてきます。では、猫が甘えたい時には、どのような仕草をするのでしょうか?やはり飼い主にとっては、一番嬉しい感情表現ではないでしょうか?

獣医さん
猫ちゃんの仕草で感情がわかります!

これって猫の甘えの仕草なの?

猫の甘えの仕草にはいくつかの行動パターンがあるようです。その1つ1つの仕草を具体的に見てみましょう。

猫がスリスリ身体を寄せてくる仕草

猫が足元に擦り寄り身体をスリスリとこすりつける行動をとることはありませんか?これは、こすりつけ行動と呼ばれるものです。猫の頬と顎には匂いの分泌腺があります。ここからホルモンが分泌され猫同士の匂いによるコミュニケーションに使われます。猫同士の友好的な関係を築いているということです。このホルモンは「フェイシャルホルモン」といいますが、猫にとって、お互いの匂いを共有することは非常に大切なことです。時々愛猫が脱ぎ放しの服に座っているということはありませんか?飼い主の匂いで落ち着くということかもしれません。

人間にスリスリしてくるときは、猫が機嫌の良い時で、相手への好意や甘えたい気持ちが表れています。また上下関係でご主人様と思っている人への挨拶でもあります。
そして甘えながら自分の匂いを相手につけることで、自分のものだと示すためにマーキングしているのです。

外出から帰ったときに、猫が何度もスリスリしてくる場合があります。これは、飼い主が違う猫の匂いや何か気に食わないニオイがするときに、自分の匂いをつけようとします。
飼い主としては、寂しかったから甘えてくるんだな~と思ったりしますが、実は懸命によそから持ってきた匂いを消そうとしてるのかもしれません。それも飼い主への愛情からの行動ですね。

引用元:http://feely.jp/24233/

猫がゴロゴロ喉を鳴らす仕草

ゴロゴロという音を発することを「喉鳴らし行動」と呼びます。これは、通常の鳴き声とは違い声帯を振動させています。
猫を撫でてあげると、ゴロゴロと鳴き始めることはよくあります。そのときの表情はリラックスしているので、人間に例えれば、笑顔と同じようなものだと考えられています。
喉鳴らし行動をする時はいくつかの意味があります。
挨拶をしている。
お腹が空いたと訴えている。
嬉しいとき。「一緒にいて嬉しいな」と飼い主に伝えているのです。
眠くなったとき。リラックスしていないと眠くはなりません。飼い主に心を許している証拠ですね。

引用元:http://tetoan.com/cat-trivia/purr/

まっちゃ
中には、ゴロゴロ言わないけれど甘えている猫もいるにゃ!

猫同士での喉鳴らし行動もあります。
子猫にお乳を与えるときに、母猫は、「ゴロゴロ」と喉を鳴らします。これはまだ目の見えていない子猫を安心させようとする行為だそうです。
また子猫と母猫の間でのコミュニケーションを図る手段として、ゴロゴロ喉を鳴らしあうこともあります。
このように、猫がゴロゴロ鳴くときは、飼い主にとっても嬉しいものですが、実は猫のゴロゴロは、必ずしも甘えたり嬉しいときだけではないそうです。
ケガや病気などで痛みを感じるとき
●猫の死期が近づいたとき
ゴロゴロ音よる刺激を体に与えると、エンドルフィンなどの神経伝達物質が分泌されます。この物質には痛みや苦しみを和らげる効果があります。
怪我や病気の時は、回復を早める効果も期待できるといわれています。
苦痛の時とリラックスモードでは同じゴロゴロでも違う表情しまので、気が付きます。痛みのゴロゴロと分かったら、動物病院に連れて行って下さい。

猫がフミフミ足踏みする仕草

例えば、寝転がっている飼い主の上でフミフミと足踏みをすることがありませんか?
これは「前足踏み」と呼ばれるものです。
子猫の時に、母猫からお乳を飲んでいるときに見せる仕草の名残です。毛布やセーターを母猫のおっぱいのように揉み、お乳が出るように促す動作をします。お気に入りの毛布やセーターをお乳に見立てて吸ったりもします。これは、乳離れをする前に母猫から離れた子猫によく見られる仕草です。
飼い主のそばでリラックスしているときに甘えてする仕草ですが、眠い場合が多いので静かに見守ってあげてるといいでしょう。
この前足踏みの仕草は、一時的な子猫戻りです。飼い主を母親としてみているときの行動だと考えれば、最も信頼して甘えている状態なのかもしれませんね。

引用元:http://www.himalayans-cat.com/553/

毛づくろいをする猫の仕草には意味があるの?

毎日にようにする猫の毛づくろいは、猫の習性です。体をキレイにする体温の調節をするのほかにも意味があるのです。
その一つはリラックスするためです。猫は子猫の時に、母猫に体を舐めて毛づくろいをしてもらいました。毛づくろいをしてもらうと、子猫は安心します。
成猫になっても、この名残りで毛づくろいをすることで、リラックスし、幸せな気分になるのだそうです。

引用元:http://nyan-aku.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_26d6.html

ゴロンとお腹を見せて寝転ぶ仕草は

猫が突然、床にごろんと寝っころがりお腹を上にしてゴロゴロする仕草をよく見ます。これは、飼い主に気を許し信頼されている証しです。一般に動物は、柔らかいお腹は敵に狙われやすいので見せることはありません。飼い主の前でお腹を見せる仕草は、「あなたを信頼しています。私を見て」と伝えています。

引用元:http://nekogazou.com/rusianeko/

捕まえた獲物を持ってくる仕草は

都会ではなかなか機会がないですが、猫は捕まえた虫などの小動物を持って見せにくることがあります。これは「こんなものを捕まえたよ」と手柄を見せにきているといわれます。決して嫌がらせではありません。愛猫から飼い主へのプレゼントなのです。

引用元:http://karapaia.livedoor.biz/archives/52183287.html

尻尾の仕草も愛情表現をしてる?

よく観察すると猫の尻尾は色々な振り方をしているようです。尻尾で感情の表現をしているのでしょうか?

ぴん!と立てて歩く

尻尾をピンと立て歩く姿はなにか誇らしげな感じもします。この仕草は、うれしいときや甘えているときに見せます。
帰宅した時に、尻尾を立てて足元にすり寄ってくることはありませんか?猫は、人間には分からないわずかな匂いを頬や顎にある分泌線から発散しています。身体をこすり付けることで、自分の匂いをつけマーキングしているのです。自分のお気に入りの場所飼い主は私の物とアピールしてるのです。
信頼している親しい相手にだけ行う愛情表現なので、優しく受け止めてあげて下さいね。

引用元:http://sasukeoyatsu.blog111.fc2.com/blog-entry-128.html

ゆっくり振る時

大きくゆっくりと尻尾を振っているときは、安心しているときです。この時猫はリラックスしています。

引用元:http://boofooyuk.exblog.jp/13843371/

左右に激しく振るとき

逆に、猫が尻尾を左右に激しく振る時はご用心。イライラしていたり不機嫌でストレスが溜まっているときです。

じっと見つめながら高い声で鳴く仕草は

にゃーと高い声で鳴きながら、じっと飼い主を見ている猫の仕草もよく見かけますね。そして顔や手を舐めてきたり身体に擦り寄ってくる場合は、なにかを訴えている状態です。「ちょっとおやつほしいな?」とか「遊んでちょうだい」「抱っこして」などそれほど強い要求ではなく、甘えん坊になっているときの仕草のようです。
もっと要求が強くなると、鳴き方もしつこく大きな声になります。

引用元:http://curazy.com/archives/31886

甘えのサインにどう応えればいいの?

猫が甘えるときは、身体や鳴き声を使って色々感情を表してきますが、このサインが出たときに飼い主はどのように対応すればいいのでしょうか?
かまってほしい、甘えたい」のサインを示したときは、抱っこをしてあげたり、身体を撫でてあげるなどしてスキンシップを図りましょう。マイペースの猫が甘えたい気分の時は、十分に甘えさせてあげ下さいね。絆がより深まるチャンスです。

フミフミは通常ゴロゴロと鳴きながら足踏みします。眠くなって母猫に甘える子猫の時に戻っている状態です。飼い主の上で前足踏みを行っている場合は、しばらく静かに見守ってあげましょう。

足のフミフミ行動は、早い時期に親猫と離されて飼い主に来た猫がよくします。適切な時期に親離れができなかった為、子猫の時の記憶がよみがえり、甘えたい気分になるいいます。気持ち良く甘えているので無理にやめさせる必要はありません。そのまま幸せな気分にさせてあげましょう。 
獣医さん
爪が当たって少々痛い場合もありますが、少し辛抱してあげてくださいね。

もっと絆を深めたい愛猫家さんが知っておきたいこと常識はこちら

甘える仕草と信頼には関係があるの?

基本的に猫は単独行動を好みます。感情表現が少ないとも言われますが、好きな飼い主に対しては色々な仕草で愛情表現をします。
猫は信頼が深くなるにつれ、愛情を表すリアクションは小さくなるといわれています。信頼しているからこそ、目と目が合うだけで分かり合えるといった感じでしょうか?猫と目が合ったとき、無表情で特に何らかのリアクションがない場合は、気に悩まないでください。飼い主と深い信頼関係が築けているからこその猫の”ノーリアクション”なのです。最大の愛情表現をしていると言ってもいいでしょう。

引用元:http://pepy.jp/3256

まとめ

猫は愛情表現に乏しいといわれますが、意外と色々な方法で自分の感情を私たちに示してくれていることが分かりました。
どちらかといえばクールな態度の猫だからこそ、「ふみふみ」「ゴロゴロ」「スリスリ」と甘えられると、嬉しいものです。
それぞれの仕草の意味を理解し、対応してあげることで愛猫とのコミュニケーションはより良好になります。
また体調不良の予兆にも早めに気づいてあげることができるでしょう。
猫が甘えたい時は、たっぷり甘えさせてあげると同時に、いつもとは違うところがないか冷静に観察することも大切ですね。

猫ちゃんが甘えん坊で、もっと甘えて欲しいからといって沢山おやつをあげていたりしませんか?
猫ちゃん自身は喜びますが、知っておきたいのは猫ちゃんが肉食動物である。ということです。

「お魚くわえたどら猫〜♪」というフレーズで、猫ちゃん=お魚が好きと勘違いしていませんか?
もし、このように勘違いしているのであれば猫ちゃんの根本的な食性を知っておくべきです。

シンプルで理にかなった食性で猫ちゃんにもっと愛情を注ぎませんか?

もっと猫ちゃんに甘えてもらいたい!!!
そんな愛猫家さんが実践してる、猫ちゃんに甘えてもらう対策と甘えてこない理由はこちら