猫があくびをする5つの理由とは?多いと病気の可能性もある?

「ふわぁ~~~~」
猫が伸びをしながら大きなあくびをしています。
穏やかな日常の一コマですね。
中にはすごい形相になる猫もいて、思わずプッと吹き出してしまいます。

今までシリアスに考えていたのは一体何だったの?なぁんて・・・
ホッとしてこちらものほほ~んとリラックスできますよね。

今回は、気になる猫のあくびについてまとめてみました。

猫があくびをする行為に理由はあるの?5つの理由

ところで、猫はどのような時にあくびをするのでしょうか?
あくびが多いと何か考えられる病気があるのでしょうか?

猫があくびをする5つの理由から一緒に見ていきましょう。

眠いからあくびをするわけではない

退屈な授業中にあくびをこらえた経験はどなたにもあると思います。
でも、昨日徹夜したわけでもないし、たっぷり寝たのに・・・
「酸欠の時、あくびが出るよ。」なんて誰か言ってたなぁ・・・

あくび(yawn)(欠、欠伸、呿呻、呿)は、眠たいときなどに不随意に(反射的に)起こる、大きく口を開けて深く息を吸う呼吸動作である。
あくびが出やすいのは、覚醒と睡眠の境界から覚醒に向かうときである。具体的には以下のようなときに起こる。
・眠たいとき。過度に疲れているとき
・退屈なとき
・極度の緊張状態
・寝起き

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%8F%E3%81%B3
引用:ウィキペディア

では、猫の場合はどうでしょうか。

猫は良く寝るため、語源が「寝子」に由来しているという説もあります。
睡眠の長い猫になると20時間ほど眠ると言われています。

ほとんど寝てるにゃぁ~♪

一日の大半を寝て過ごす猫たち。
それでもあくびをするのには、どうやら他に理由がありそうですね。

もちろん眠い時にあくびもする

春先は「春眠暁を覚えず」と言って、いくら寝ても寝たりない感じがしますよね。
また、三寒四温と言われるように季節の変わり目は、暖かい日と寒い日が交互に訪れますし
昼夜の温度差が激しいので、体調を崩しやすい時期です。
このように冬から春へかけて、人間も体を調整する時期ですので、
一日の大半を寝ている猫達も同じようにエネルギーを使うので眠いと言えるでしょう。

起きてすぐにあくびをする

猫が起きてすぐにあくびをするのにはどんな意味があるのでしょうか?

背中をまあるくして伸びをしたり、足を伸ばしてストレッチする姿もよく見かけますね。
これは、「これから起きるぞ!」と言う意志の表れで
一種のウォーミングアップと言えます。

猫はライオンと同じ狩猟動物なので、常に体を柔軟にして備えておく必要があるのです。

150130[1]
http://kagiyajuzo-cat.seesaa.net/category/23376761-1.html

触っている時のあくび

猫は眠っているのを邪魔されたり、ストレスを感じたときにもあくびをします。

いい加減にしてにゃ井

この時のあくびは、怒りのプチ表現と言えるでしょう。
猫がストレスを感じてあくびをするほど、
しつこくさわるのは控えましょう。

身体を活性化させるためにあくびをする

猫は遊んでいるときにもあくびをします。
あくびをすると活性化している状態になり、さらにやる気が出てきます。
また、逆に興奮しすぎた時にも、本能的にあくびをして落ち着くこともあります。
猫はこんな風にあくびで上手く自分自身をコントロールしているんですね。

目的別!おすすめキャットフードの選び方

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~
アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別
アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

猫のあくびが多すぎる!考えられる病気とは?

猫は、リラックスしている時やストレスを感じた時、
また活性化したい時や興奮を押さえる時にもあくびをします。

このように猫のあくびには様々な側面があるので
あくびが病気に直結していることはあまりないと言えます。

あくびには緊張を緩和させる働きがありますので、
家の猫はあくびが多いなと思ったら
猫に過度のストレスがかかっていないか、普段の生活を見直してみてはいかがでしょうか?

あくびが多すぎて考えられる病気はない

元々猫はよくあくびをする習性があるので、
猫のあくびが多すぎるからと言ってすぐに病気につながるとは考えにくいようです。

あくびをする時は、口内環境のチェックをする

猫がよく眠りよくあくびをすることがわかりましたね。

では、猫のあくびを上手く活用して口内環境のチェックをしてみましょう。
まず、猫があくびをした時に、写真か動画を撮りましょう。
チェックするのは以下の6項目です。

(1)口蓋(上歯から喉にかけての天井部分)の色
(2)腫れている箇所はないか
(3)出血している箇所はないか
(4)口内炎や潰瘍はできていないか
(5)歯の抜けや欠けはないか
(6)歯や歯茎の色

特に以下のような場合や他に気になる症状を伴うような場合は
獣医さんに必ず診てもらうようにしましょう。

・歯の色が黄色や茶色、または黒っぽく見える
・歯肉が赤くなっている
・赤くただれている(炎症をおこしている)
・脹れている
・潰瘍がある

cat-1132310_960_720[1]

まとめ

猫があくびをする5つの理由についてまとめてみました。

・「眠いよ~」
・「退屈だにゃぁ~」
・「いい加減にしてにゃ井」
・「そろそろ起きようかにゃ~」
・「ちょっと落ち着こう」

こんな風に猫はさまざまなシーンでよくあくびをしています。
あくびは猫にとってコミュニケーション手段の一つかもしれませんね。

猫のあくびが多いからと言って直接病気に結びついているとは限りませんでした。
今回はあくびを活用する良い機会ととらえ、愛猫の口内環境のチェックや
日頃の生活を見直してみることをぜひお勧めします。

目的別!おすすめキャットフードの選び方

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~
アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別
アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック

アイムスのキャットフード徹底レビュー

>>クリック