猫草の4つの効果とは?本当は必要なの?それとも不必要?予防できる病気

「家の猫は猫草が大好きでよく食べる」とか、「買ってきたのに全く食べてくれない」といった声を聞きます。食べて過ぎても、全く食べなくても飼い主にとっては心配になるものです。果たして猫草は猫にとって必要なのでしょうか?今回は猫にとって猫草とはどういったものなのかを調べてみました。

猫草とは

店頭で「猫草ありますか?」と聞いたことはありませんか? 猫が食べる草ですね。実は、猫草という品種があるわけではなくて、猫用の草として使用されている総称なのです。では、一般的に認知されているネコ草にはどのようなものがあるのでしょうか?

燕麦(エンバク:別名カラスムギの若葉)

燕麦はイネ科の穀物で、シリアルコーンやビール、ウィスキーの原料になります。

引用元:http://www.marusun.com/sab50-6.html

小麦や大麦の若葉

どちらも、イネ科で背の低い草が猫草になります。

引用元:https://joyfulhonda.jp/item/114387

ぼーちゃん
オートミールには、すり潰されたエンパクの実が使われていますよ。

猫が猫草を食べる理由は?

猫草を好んで食べる理由は諸説ありますが、はっきりとは解明されていないそうです。ここに、いくつかの推測できる理由を挙げてみましょう。
●毛玉を吐くため
猫草が、胃の中をチクチクと刺激し嘔吐を引き起こし、毛球を一緒に吐き出しているのではないかと考えられています。「胃腸内で毛玉が詰まらないように予防のために食べているのではないか」ということです。
●便秘予防のため
猫は、基本的に肉食なので、便秘になりやすいです。便通を良くするために、猫草に含まれた食物繊維を摂取しているのではないかと言われています。また、飲み込んだ毛をうまく排泄をするためでもあります。お腹が張った時に、草を食べると張りが消えることを本能的に分かっているのかもしれません。
●嗜好品として
嗜好品として食感を楽しんでいるという説があります。猫草をくちゃくちゃしながら何度も噛んでいるところを見ると、人間でいうガムを噛んでいるような感覚なのかもしれませんね。
●ビタミンを補充
猫草には葉酸が含まれています。葉酸はビタミンの一種で、ビタミンMやビタミンB9とも呼ばれています。これは、赤血球の生成に必要なビタミンです。

猫草を食べる、食べないは猫による?

実際は全ての猫が猫草を食べているわけではありません。上記の諸説に疑問を投げかける声もあります。
●本当に毛玉を吐くためなの?
確かに草の形状は尖っていますが、嘔吐が促されるほどの刺激があるのか疑問が残ります。
●便秘予防のため?
ネコ草を食べなくても健康に問題が起きません。そのことから、単に嗜好品として食べているのではという意見もあります。
●ビタミンの補給は猫に必要?
実際猫草を食べる猫もいれば、全然食べない猫もいます。食べないからといって体に悪影響が出るという事例がないため、猫草を食べる理由の諸説に疑問を持つ声も多くあります。

猫草は必要?不必要?

それでは、猫草は猫にとって必要なものなのでしょうか?動物病院の獣医師が沢山の猫を観察して以下のような見解を持っています。
●食べる猫と食べない猫がいる。
●食べても食べなくてもどちらでも問題ない。
●害もなければ、体に良い訳でもない
●毛玉を吐く猫は、草を食べなくても吐くし、吐かない猫は、草を食べても吐かない。
つまり、猫草を食べるかどうかは、猫によってさまざまなのです。猫草を食べて毛玉を吐く場合もあれば、食べなくても吐きます。もしかしたら、ある猫にとっては、猫草が毛玉を体内から排出させるのに役立っているかもしれませんが、別の猫にとっては、猫草を食べたからといって効果がない場合もあるということです。猫それぞれに効果が違うので、猫草が絶対必要であるというより、猫にとって猫草の効果は違うということかもしれません。

猫草を勧めない獣医師の意見も

猫草を食べることで、吐く猫はいます。ところが、この「吐く」という行為自体が体に良くないと考えている獣医師の声もあります。

なぜ吐くのは良くないのか?

●吐く行為で、体内のミネラルバランスがくずれてしまうからだそうです。
●吐くのを促すよりは毛玉の量を減らすか、便と一緒に出す方法をすすめています。

対処法はサプリメント

サプリメントは動物病院やネットで入手できます。
キャットラック

引用元:http://goo.gl/JwAQgt

ラキサトーン

引用元:http://ldhdkch.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-bcfb.html

ペトロモルト

引用元:http://store.ponparemall.com/iwork/goods/0073091114017/

サプリメントはペースト状になっていて週に1、2回猫に舐めさせて与えます。このサプリメントは、胃の中の毛玉を、まずほぐします。そして、ほぐれた毛を腸へと促し便と一緒に排出する作用があります。

どのサプリメントも効果は同じだよ。

 猫草を与えるときの注意

猫草が大好きで、与えると目の色を変えて食べる猫もいますね。体に害はないといっても、好きなだけ与えていいのでしょうか?前述したように、猫草を食べる理由としては諸説ありますが、実際は解明されていないので全ての猫にとっていえることではないのですが、猫草は、嘔吐を誘発します。猫草の食べ過ぎで、何度も嘔吐をする場合は、体調を崩してしまう場合もあります。そんなときは、1日に数本だけ切って与えるなど、量を調節したほうがいいようです。
消化能力が弱い子猫や高齢の猫、また胃腸の調子が悪い猫に与えるときは用心しましょう。

猫草に興味を示さない猫もいる

猫草を与えても全く興味を示さない猫もいます。猫草を食べないと「毛玉がお腹に溜まって大丈夫だろうか?」と心配する飼い主もいるかと思います。子猫の時から室内で飼い、猫草の存在を知らなければ、興味がない場合があってもおかしくありません。中には食べないで、猫草にジャレ遊ぶ猫もいます。
体内の毛玉が心配の場合は、サプリメントや毛玉の排出を促すフードなどが市販されています。サプルメントやフードには食物繊維が入っているものが多く、便通を整える役目もします。
またこまめなブラッシングは飲み込む毛の量を減らすことができるので、毛玉予防対策としてもおすすめです。
心配な場合は一度獣医師に相談してみて下さい。

猫草を食べているからといっても、 嘔吐の回数が増加する、食欲がないなどいつもと様子が違う場合は、病気の可能性もあります。早めに獣医師の診断を受けることをおすすめします。 

猫草の購入先は

猫草は花屋さん、ペットショップ、ホームセンター、スーパーなどで主に販売されています。ただ、年中あるというものではなく、時期的に出回ったり、無かったりします。種から育てるタイプは時期に関わらず基本的に置かれています。
また、ネットで猫草栽培セットも販売しています。特に土のかわりに再生粉砕パルプを使用した猫草栽培は土が飛び散る心配はありません。暖かいところだと1週間くらいで発芽するようです。

無印良品猫草栽培セット

引用元:http://www.finderviews.com/archives/cat_nekokusa.php

まとめ(猫草で病気は予防できる?)

猫にとって猫草の必要性については、色々な見解があるようです。現状でははっきりと明文できませんが、猫草を食べ毛玉を吐き出すという猫が沢山いるのも事実です。この点から見ると、体内に毛玉ができて発症する毛球症や便秘の予防には、他のサプリメントや食事でコントロールできますが、猫草もまったく効果がないというわけではなさそうです。
猫草の大好きな猫にとっては、食べることが嬉しくて、ストレスの解消にもなっているようです。大きな視野から見れば、病気予防に一役買っているといってもいいのではないでしょうか?