ネコの下痢が続く場合の対処法は?5つの原因と病気の関係

大切な猫の、下痢が続く。こんな時には、どうしたら良いか、悩んだり焦ったりしませんか。猫の病気の原因などは飼い主さんしか見つけてあげる事はできませんね。そんな時は猫も苦しいのです。なるべく早く原因に気がついてあげてください。

猫の下痢の色々

猫の下痢には、お腹の弱い猫から、感染症もの、ストレス性まで、多数の原因が考えられますね。ちょっとした下痢などは、一日で治ってしまう事が多いのですが、猫も長く続いてしまう下痢がある事だと想います。そんな時飼い主さんは、どうしたら良いのか、焦ってわからなくなってしまったり。また、仕事で猫を病院へ連れてゆけなかったりと、色々な理由がお有りになるかと想います。

猫のストレスにより下痢

こちらは、飼い主さんが、猫のストレスを見つけることで、完治する近道になります。よく観察してください。それに気づいてあげないことには、完治するまでの長い時間が掛かってしまうことになります。

猫の感染症による下痢

この病気の下痢は、重症になることがあります。素早く病院へつれてゆくことが対処法になります。お家で治すことは絶対に不可能です。

パルボウイルス、コロナウイルス感染症
バルボ後遺症の猫の動画 引き用:youtubeより
https://www.youtube.com/watch?v=MiKE4YOFGGA
本当に怖い病気です。そして放置していては完治は出来ません。長引けば猫が苦しむことになります。早めの病院への対策をお考えください。

猫についてしまう、お腹の虫って?

猫のお腹の中に、虫がいると猫が下痢をしたり、痩せてしまったりと、体調を悪くしてしまいます。どうしてお腹に虫が入ってしまうのか、どうしたら予防出来るのか考えてゆきましょう。

ウリザネジョウチュウ

ノミから発生する、白い米粒状の虫が、目に見えてきた時には、症状が悪化している場合が多いです。早くみつけられなくて、猫の症状が長引いてしまうことになります。。ノミの対処は一番大事なことです。猫が痒がったり、白い米粒状の虫や、ノミを見つけたりしたら、早めに病院へ行ってお薬を出してもらってください。この虫は、ノミを駆除することで予防が出来ます。またノミを駆除することで完治が出来るようなります。
回虫の動画
https://youtu.be/Ayzb86uGYfM

ネココウチュウやネコカイチュウ

寄生虫による猫の下痢の場合は、猫のお腹に住み着く虫です。寄せ付けないようにするには、猫をお家の中で飼うようにする。他の猫との接触には(特に外猫)気をつけてあげる。寄生虫は、猫の便から移る病気です。虫下などか活躍することもあります。

お薬はかならず、掛かりつけの先生に診察をして頂き、処方して貰ってください。

猫の下痢が続く時など

猫にこのような症状がみれらる時、薬や食べ物が関係している時があります。猫は自分では、そのような管理は出来ません。飼い主さんが、よく見てあげることが必要です。

猫の薬などによる下痢

人間にも、薬の合う合わないがあるように、猫にも合わない薬があります。そのような時に、猫が下痢になってしまうことがあります。薬、サプリメントなどを飲ませている時は猫の容態を見て確かめてください。気になることがあった時などは、

掛かりつけの先生に相談して診察してもらってください。
guidance_img10

猫の食べ物よる下痢

猫には、食べたら危険なモノがあるのはご存知ですよね。ネギや、タマネギ、ニラ、またはチョコレートなどは、下痢になったり、嘔吐など。この中毒症に掛かってしまった時などは、猫によってとても重い症状になってしまうことがります。絶対に口にしないように気をつけてください。
1210088top-1

猫が花や葉を食べてしまった時の下痢

こちらも、もし猫が口にしてしまった時は、下痢や嘔吐を伴いう重症な状態になる時があります。お部屋の中に飾るお花や、お庭に咲く花なども、猫に危なくないモノを考えるようにしてください。

ユリ科の花(花粉など)、彼岸花(葉や根)などは猛毒になります。気をつけてください。
_1850729

まとめ

このように、猫の下痢の症状には、多数のことが関係してきます。猫のストレス、病気などには、下痢や、嘔吐などで判断することが多いかと想います。その時に、今日は猫が何をしてきたから、外で何か食べてしまっていないか、家の中で、何かを口にしていないか。下痢の症状が続く時などは、飼い主さんが考えて、想い出してください。また、新しく、猫のご飯などを変えた時は、全部一度に変えてしまわないように気をつけましょう。半分つづかえるようにしてくださいね。 

猫の便などを、病院で検査して貰うことも、病気を早く見つける対策になります。
ほんの少しのことで 猫の健康を守ってあげることができます。飼い主さんも、がんばってください。