猫の去勢と避妊手術のベストなタイミング時期。発情期との関連性

無邪気でかわいい子猫の時間は、永遠には続きません。人間と同じように猫も成長し、やがて思春期を迎えます。飼い主と一緒に快適に暮らすために、不妊手術を検討する人も多いことでしょうが、いったい手術を受けるベストな時期はいつでしょうか?なるべく愛猫にとって負担がかからない最適な時期を選んであげたいものです。

猫の発情期

引用元:http://goo.gl/FWzTZy

オス猫

通常オス猫は、生後6~10ヵ月くらいで性成熟を迎えますが、メス猫のように決まった発情期はありません。メスの発情期に反応して、交尾が可能な状態になります。特徴的な行動として、スプレー(マーキング)行為が始まります。少量のおしっこを飛ばすように放尿することで、メスへのアピールや縄張りを示しているのだといわれています。発情中は攻撃的になり、他のオスと、メス猫を巡ってケンカをすることもあります。

メス猫

一般的には、1年のうちに2~4月上旬と6~8月の間に数回発情期を迎え、妊娠する可能性が高いです。これは、寒い冬よりも、温かい季節に繁殖期を迎え育てることで、子猫の生存率を高めようとする自然の摂理だといわれています。

発情期中は、独特な鳴き声を発しながら頭部を身近なものに擦り付ける、かがんで腰を低くし足踏みをする、しっぽを左右どちらかによけて交尾を促す姿勢をとる、床を転げまわるなどの仕草をします。身体的な特徴としては、陰部に少量の白っぽい分泌液が観察される場合もあります。

不妊手術をするベストなタイミング

体重のチェック

引用元:http://goo.gl/Cgbhio

猫の発情期は、月齢よりも、ある一定の体重になった時点ではじまるともいわれています。去勢や避妊手術は、体重も考慮にいれ、2kg~2.5kg以上になった時点で手術が可能だとしている病院が一般的なようです。発育がよく体格のいい猫は、4ヵ月で発情したという事例もあります。

オス猫の場合

一般にオス猫が性的に成熟するのは9~12ヵ月といわれています。睾丸の発育をみながら、初めての発情が来る前の生後6~8ヵ月くらいに手術をする病院が多いようです。もちろん猫により個体差がありますので、獣医師に相談の上、一番適している時期を決めましょう。

メス猫の場合

通常は、初めての発情期を迎える前までに手術を行います。メス猫の場合は、生後4~9ヵ月と性的な成熟にはかなり幅があるようです。多くの病院では、生後6ヵ月ぐらいの避妊手術を推奨しています。理由は、生後6ヵ月を過ぎるとほぼ成長が終わり発情が始まってしまう可能性が高いからです。時期としては、思春期にあたる生後6ヶ月頃がBESTです。個体差があるので、獣医師と相談しながら決めてくださいね。

生まれた月によって違う初回の発情期

引用元:http://goo.gl/HGRb3y

多くの猫は、生後6ヵ月を過ぎるころから、初めての発情期が訪れます。ですが、生まれた月によって、6ヵ月より早く発情期が来るときがあります。先にも述べましたが、猫は、繁殖する季節がある程度決まっています。

8月生まれの猫の初めの発情期は、生後6ヵ月後の翌年2月ごろになりますが、12月~翌年3月に生まれた猫は、4~5ヵ月後の春から夏の繁殖期に初めての発情期を迎える可能性もあるのです。発育の状態によっても変わりますが、早めの手術が必要になってきます。

部屋で飼っている猫は、夜も照明で明るいから、日照時間が長いと、体が勘違いしてしまうこともあるよ。そうすると季節感がなくなって1年中発情を繰り返すんだって!

年齢が分からないときの3つチェックポイント

野良猫や捨てられた猫を飼う場合などは、はっきりと年齢が分かりませんね。そのような場合の目安として以下のようなチェックポイントがあります。

1.体重の増加が緩やかorストップ

成猫に近づくと、成長は緩やかになり、体重は急激に増えなくなるか、ストップして一定の重さを維持するようになります。必ずしも全ての猫にあてはまるわけではありませんが、目安としては参考になります。

2.永久歯が生えそろう

引用元:http://goo.gl/6oHf0V

成猫は乳歯が残ることはなく、最後に抜け落ちるのは犬歯の乳歯です。上唇を少しずらして観てみましょう。乳歯は永久歯のすぐ後ろに並んで生えており、とがっているのですぐに分かります。左右の乳犬歯が抜けたら、成長期も終わりに近づいている証しなので獣医師に相談しましょう。

3.発情期の始まり

もちろん、発情期が始まったということは、性的に成熟したということを意味します。注意して予測をしていても、個体差があるし、早熟なメス猫はいきなり発情期がきます。発情期に動物病院に連れて行き避妊手術はできるのでしょうか?避妊手術は短時間で簡単なので可能だそうです。

動物病院によっては予約して、1週間くらいかかる場合もありますが、事情を話せば即日もしくは翌日の対応をしてくれる病院もあるそうです。ただし、簡単とはいえ、メス猫の避妊手術は、全身麻酔です。体の負担もあります。出来れば、計画的に余裕をもって手術日に備えてあげることが大切でしょう。

手術をしたのに、また発情?

不妊手術をした後にも、発情期の兆候が現れる場合があります

避妊をしたメス猫が発情したら

1つの原因は、術後もホルモンが脂肪に残っている場合に、発情期の兆候が出てきます。これは、脂肪の中に残っているホルモンがなくなれば、次第におさまっていきます。軽い発情期を2,3回繰り返してやがて消滅します。

次に考えられるのは、卵巣の組織が体内に残っている場合です。避妊手術の後に偽の卵巣(副卵巣)ができ、実際の発情期になってしまいます。再び手術しても肉眼では見つけることが難しいとのことです。

去勢をしたオス猫の問題行動はなぜ?

引用元:https://goo.gl/r0JcUS

去勢手術で90%のオス猫が、スプレー行為(マーキング)をやめますが、残りの10%の猫は、問題行為を続けるというデータがあるそうです。主な原因は以下のようです。

●手術のタイミングが遅く、すでにスプレー行為の習性を覚えている

●猫の本来の性格で縄張り意識が高い

野良猫が来るようになったなど環境の変化で縄張り意識がより強くなった

●トイレが不潔で気に入らないなどのストレス

不妊去勢手術推進事業からの助成金

引用元:http://goo.gl/Zib82o

野良猫や飼い主のいない猫を飼う場合など、各市自治体などで猫の不妊去勢手術推進事業の一環として、不妊手術にたいして一部助成金を支給する制度を取り入れているところがあります。飼育される見込みのない猫を増やさないために、手術費の一部を助成するものです。助成金を受け取れる条件は、地域により違いがありますので、市の保健所などへ問い合わせてください。ネットで「猫の不妊手術助成金」と検索しても、情報がたくさんでてきますよ。

まとめ

 不妊手術をする時期は、猫の性別、年齢や発育状態によって差がでますが、時期的には、生後6ヵ月くらいが一番多く行われているようですね。手術の時期は、かかりつけの獣医師と話し合い、一番猫にとって負担のかからないベストな状態で選んであげたいものです。